御近所巡回7


2010/12/24

久しぶりにK寺裏の山林に行った。例年ならとっくに朽木生の虫草が出ている頃だ。まずタンポタケやヌメリタンポタケの坪を調べたが、気配さえも見えない。
例年朽木生が出る坪を調べると、まず目に入ったのはヒメクチキタンポタケの未熟なストローマだった。
hiku101224a.jpg
Cordyceps annullata
Host: larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 24 Dec. 2010


この木は毎年オイラセクチキムシタケが出る木だが、今年は一体も見られない。さらに奥に進むと、非常に小型の未熟なオイラセが何本か見つかった。今年は例年よりやや少なく、小さめのものがほとんどだ。この時期には結実し始めているものもあるはずだが、ちょっと見たところではどれも結実していないように見えた。結局十数体見つけたうち4体を追培と検鏡用に持ち帰った。
oira101224a.jpg

oira101224b.jpg
Ophiocordyceps rubiginosoperitheciata
Host: larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 24 Dec. 2010


採集した標本。未熟だがよく見ると結実してる。
oira101224c.jpg


ストローマの拡大。
oira101224d.jpg

oira101224e.jpg
Ophiocordyceps rubiginosoperitheciata
Host: larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 24 Dec. 2010


一体を検鏡してみた。結実部の周辺には予想通り分生子形成細胞と思われるものが見られたが、やはり未熟なようだ。一応Hirsutella型。
oira101224g.jpg

oira101224f.jpg
 conidiogenous cells ofOphiocordyceps rubiginosoperitheciata

残りは追培。

  1. 2010/12/27(月) 00:18:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<イモムシタケについて | ホーム | いただきもの2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/318-b55e07f8