スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

検鏡いくつか

2010/10/15

M井さんから預かったクチキツトノミタケらしきもの(おそらくキマワリアラゲツトノミタケ)はやや未熟に見えたので追培していたが、15日になってもあまり変化がないので検鏡してみることにした。スライドグラスの上に置いてみても胞子の放出はなく、結実部から切片をとって検鏡した。

まず子嚢殻。
kima101015a.jpg
perithecia of Ophiocordyceps sp.

子嚢は未熟なものが多かったが、いくつか完熟しているものが見られた。
kima101015b.jpg
asci ofOphiocordyceps sp.

子嚢胞子もいくつか完熟していた。分裂はしないようだ。
kima101015c.jpg
 ascospore ofOphiocordyceps sp.

結局、以前検鏡したキマワリアラゲツトノミタケと変わるところはないようだ。

次に12日に宇治市で採集した未熟なタイワンアリタケを検鏡した。12日は持っていったカメラが故障したので、現地では写真撮影ができなかった。次の写真は持ち帰ってから撮影したもの。
ito101014a.jpg

ito101014b.jpg

ito101014c.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host:adult of ant. Place:Uji. 12 Oct. 2010


まったく結実していないのでanamorph(無性時代)を検鏡した。この種ではteleomorph(有性時代)と同じストローマ上にanamorphが形成される。種によっては未熟時だけにanamorphが見られるものもあるが、この種では結実後でも見られるようだ。anamorphはHirsutella formicarum

分生子形成細胞
ito101014d.jpg
 conidiogenous cells ofHirsutella formicarum

分生子
ito101014e.jpg
 conidia ofHirsutella formicarum

以前検鏡したイトヒキミジンアリタケの完熟個体のものと変わるところはない。
  1. 2010/10/28(木) 11:47:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<いただきもの2 | ホーム | ようやく秋が2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/316-e148c4b4