スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

C山のアワフキムシタケ2

2010/07/31

京都市北部のC山へ。今回は私を含め5人で出かけた。一雨あって気温はそれ程ではないが、湿度が高く蒸し蒸しする。虫草探しには少し遅い時期だがアワフキムシタケはかなり出ていた。全国的には普通種とされているが、京都市ではここだけで見られる。しかもいくらでも見つかる感じだ。他にはツブノセミタケやマユダマタケが見つかったが、いつも見つかるホソエノコベニムシタケ(財田型)は時期が遅過ぎるのか一体も見つからなかった。
awa100731a.jpg

awa100731b.jpg
Ophiocordyceps tricentri
Host:adult of spittle bug. Place:Kyoto. 31 Jul. 2010


暑さと湿気に堪えかねて早々に引き上げた。

持ち帰ったアワフキムシタケ
awa100731c.jpg

awa100731e.jpg
Ophiocordyceps tricentri
Host:adult of spittle bug. Place:Kyoto. 31 Jul. 2010


子嚢殻
awa100731g.jpg
perithecia of Ophiocordyceps tricentri

子嚢。
awa100731h.jpg
asci of Ophiocordyceps tricentri

子嚢胞子は昨年もアップしたので省略。今回の目的の一つはアワフキムシタケのアナモルフ(無性時代)を調べることだったので、頭部が膨らんでいない「不稔株」と呼ばれるタイプのものを採集してきた。
awa100731d.jpg


先端部を検鏡してみると予想通りHymenostilbe型の分生子形成細胞と分生子が見られた。ハチタケのアナモルフについてはHywel-Jonesが発表しているが、今回のものもその図板とほぼ同じだ。
awa100731f.jpg
Hymenostilbe-like anamorph of Ophiocordyceps tricentri

普通の完熟個体の結実部のすぐ下の部分も検鏡してみたが、分生子形成細胞は観察できなかった。
「不稔株」がアナモルフ専用の株なのか、単なる未熟個体で未熟時だけアナモルフを作るのかは、もう少し調べなければわからない。
  1. 2010/08/04(水) 22:59:58|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<猛暑2 | ホーム | 猛暑>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/309-35ae1151