スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

曇天

2010/06/29

前夜の大雨が上がって朝からどんよりした曇り空、今にも雨が降りそうだがK川に出かけた。川も増水しているかと思ったがそれほどでもない。ダム湖の上流で川を渡り、目的の坪へ。途中ハイイヌガヤの木を見つけて葉裏を見ると、予想通りカイガラムシキイロツブタケがいくつか付いていた。もう少しで完熟といった状態だ。
kaikii100629.jpg
Torrubiella sperficialis
Host:scale insect. Place:Nagaokakyo. 29 Jun. 2010


写真を撮ろうとしてふと下を見ると角のようなものが見えた。何とハヤカワセミタケだ。まだまだ未熟。この場所では初めてだ。
haya100629.jpg
Ophiocordyceps owariensis
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 29 Jun. 2010


目的の坪ではあまり成果はなかった。昨年の同じ時期の日記にはホソエノコベニムシタケ(財田型)の名前が見えるが今年はまだ出ていない。この付近では昨年はハヤカワセミタケも出ていたが、今回は見つからなかった。大きな木の根元で黒っぽい針状のものを見つけ、掘ってみるとコガネムシの幼虫が出て来た。コガネムシハナヤスリタケだ。やや未熟だったが持ち帰る。
昨年見たものと同じツブノセミタケから新しい穂が出ていた。他にヒメクチキタンポタケはかなりの数が見られた。
tubuse100629.jpg
Ophiocordyceps prolifica
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 29 Jun. 2010


その後もう少し奥に進んでホンゴウソウの発生地を見に行く。ホンゴウソウはまだ発生していなかったが、コケの中に虫草っぽいものが見つかった。一度折れたところから新しいストローマが出て来ているように見える。掘り出してみたが木の根が縦横に張り巡らされていて、途中でギロチンしてしまった。あわてて続きの部分を探して掘り進めると、寄主のセミの幼虫が出て来た。
humei100629a.jpg

humei100629b.jpg
Cordyceps sp.
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 29 Jun. 2010


持ち帰ったセミ生不明種。色や形からしてウメムラセミタケではないかと思われる。
humei100629c.jpg

humei100629d.jpg
Cordyceps sp.
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 29 Jun. 2010


持ち帰ったコガネムシハナヤスリタケ
kogaha100629.jpg
Ophiocordyceps nigrella
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 29 Jun. 2010
  1. 2010/06/30(水) 22:29:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<カメムシタケのアナモルフ | ホーム | 例年通り>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/301-eb1679d2