エゾタンポタケ2

2010/03/17

久しぶりにAさんやKさん御夫妻と虫草調査に行った。ターゲットはAさんのフィールドのエゾタンポタケ。昨年初めて見つけた場所だ。京都は既に観光シーズンに入ってしまったのかバスが渋滞に巻き込まれて、私は待ち合わせ時間に大幅に遅れてしまった。着いてみるとすでに落葉が掻き分けられて、エゾタンポタケの撮影が始まっていた。私も撮らせてもらった。
ezotan100317a.jpg
Elaphocordyceps intermedia
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 17 Mar. 2010


これはほぼ完熟個体で昨年のものに比べて黒っぽくなっている。さらに周りの落葉を掻き分けると未熟個体が2体見つかった。昨年見つけたものはやや未熟だったようだ。
ezotan100317b.jpg

ezotan100317c.jpg
Elaphocordyceps intermedia
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 17 Mar. 2010


最初のものを寄主を露出させて撮影。
ezotan100317d.jpg


その後所用で早く切り上げたKさん御夫妻と別れ、Aさんと二人で先週の坪を再調査した。
ハナヤスリタケはすでに胞子を放出し始めたものが目立つ。
hanaya100317.jpg
Elaphocordyceps ophioglossoides
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 17 Mar. 2010


タンポタケは先週薄緑色だったものも黒っぽくなっている。薄緑色型や黒色型といったタイプがあるわけではなく、落葉の下で陽に当らなかったもやしに当るものが薄緑色になるようだ。
tan100317.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 17 Mar. 2010


ヌメリタンポタケも見つかったが、ハナヤスリやタンポに比べるとやや少ない。
nume100317.jpg
Elaphocordyceps longisegmentis
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 17 Mar. 2010


エゾタンポタケはAさんが未熟個体を一体見つけただけだった。やはり他の種に比べて格段に少ない。とはいえ京都にも発生するとわかった以上、今後新しい坪がどんどん見つかることは確実だ。
オオセミタケ>はかなり成長しており、3cmぐらいになっているものもあった。数も増えていて、50体以上はあっただろう。これからどんどん増えていくと思われる。
Aさんはこの春大学院を修了して中国地方に赴任する。新天地での活躍を期待したい。

  1. 2010/03/19(金) 09:20:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<タケのトルビエラ | ホーム | エゾタンポタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/291-6285e3c3