エゾタンポタケ

2010/03/10

京都市街に出たついでにまたまたオオセミタケの坪を調べることにした。前回行ってから半月になる。さすがにかなり大きくなり、数も増えている。ざっと数えたところ30体余り。人通りも多い場所なので、踏まれているものもある。
osem100310a.jpg

osem100310b.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 10 Mar. 2010


オオセミを探す途中でハチの屍骸を見つけた。アリに喰われていない虫の屍骸は当然調べなければならない。やはりわずかにストローマが伸びかけている。ハチタケの仲間だ。
hati100310.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:adult of wasp. Place:Kyoto. 10 Mar. 2010


続いてハナヤスリタケの坪のほうに廻った。ほぼ完熟状態だが、相変わらず深い落葉に埋もれている。足の踏み場を探すために落葉を掻き分けるが、どこを掻き分けてもハナヤスリが出てくるという状態。軽く百体以上はあるだろう。タンポタケも多い。薄緑色のものや黒っぽいものなどいろいろなタイプがあるので、それぞれ一体づつ採集する。ヌメリタンポタケもいくつか採集した。うかつにも三脚を忘れて来たので、現場での撮影はほとんどできない。
tan100310b.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 10 Mar. 2010


持ち帰った菌生中草。いろいろなタイプのものを合わせて5体持ち帰ったが、検鏡したところタンポタケヌメリタンポタケの他にエゾタンポタケが混じっているのがわかった。ヌメタンだと思い込んでいたので現場では気付かなかったのだ。
tanpos100310.jpg

左3体がタンポタケ。薄緑色のもの、細くて柄が白っぽいもの、黒っぽいものがあるが、胞子は全部同じ。4番目がエゾタンポタケ、右端がヌメリタンポタケ。

タンポタケの薄緑色型。西山にはこのタイプはない。
tan100310a.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 10 Mar. 2010


タンポタケの灰黒色型。西山ではこのタイプが多い。
tan100310c.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 10 Mar. 2010


子嚢胞子は普通16個の二次胞子に分裂する。サイズが西山のものよりひと回り大きいが、一応範囲内だ。
tan100310d.jpg
ascospore of Elaphocordyceps capitata


エゾタンポタケ。昨年同じ時季に別の場所でみつけた不明種と同じ種類と思われる。昨年のものはもっと茶色味が強かったので別種に見えたが、その後いろんな人の意見を聞いたところやはりエゾタンポタケだろうということになった。一見ヌメリタンポタケのようにも見えるが、こちらのほうが頭部の表面が滑らかだ。
ezotan100310a.jpg

ezotan100310b.jpg
Elaphocordyceps intermedia
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 10 Mar. 2010


子嚢胞子は普通64個の二次胞子に分裂する。
ezotan100310c.jpg
ascospore of Elaphocordyceps intermedia

ヌメリタンポタケは古くなっていたが胞子は検鏡できた。西山のものは両端に2対の小型の二次胞子が見られるが、こちらのは1対しかない。
nume100310a.jpg
ascospore of Elaphocordyceps longisegmentis

東山で見られるタンポ形の菌生虫草はヌメリタンポタケということになっていたが、結局ヌメリタンポタケ、タンポタケ、エゾタンポタケが入り混じって発生するということが確認できた。これにハナヤスリタケを加えた4種が3月から4月にかけて同時に見られるわけだ。

  1. 2010/03/14(日) 15:39:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<エゾタンポタケ2 | ホーム | ニ月なのに>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/290-9a618bc0