ニ月なのに

2010/02/24

知り合いの展覧会がいくつかあったので京都市街に出た。ついでにオオセミタケの坪を調べることにした。前回行ってからそろそろ一ヶ月になる。2月とはいえ4月並の暖かさだ。前に出ていたものは少し大きくなり、色も濃くなっていたが、数はあまり増えていない。
osem100224a.jpg

osem100224b.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 24 Feb. 2010


清掃作業が行われていたのでさっさと切り上げてハナヤスリタケの坪のほうに廻った。落葉を掻き分けて探すといきなり見つかったのがタンポタケ。かなり大きく伸びている。少し掘ってみるとなかなかきれいなツチダンゴが出て来たので、わざとらしい生態写真を一枚。タンポタケは他にもたくさん見つかった。
tan100224.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 24 Feb. 2010


ハナヤスリタケのほうもかなり大きくなっていた。少し掘ってみると近くに一個、少し離れたところにもう一個ツチダンゴが出て来た。
hanaya100224.jpg
Elaphocordyceps ophioglossoides
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 24 Feb. 2010


今回はヌメリタンポタケも見つかった。すでに胞子を放出していて萎びかけている。まだニ月なのに。
nume100224.jpg
Elaphocordyceps longisegmentis
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 24 Feb. 2010


  1. 2010/02/26(金) 17:52:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<エゾタンポタケ | ホーム | コニシセミタケ?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/289-833353eb