スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ミヤマタンポタケその後

2009/10/18

個展の準備で忙しいのだが9月17日に見に行ったミヤマタンポタケのその後が気に掛かる。そんな時にAさんからお声が掛かったので一緒に見に行くことにした。現地近くの駅で待ち合わせ。Aさんの知り合いの虫草初心者のOさんも一緒だ。さっそくミヤマタンポタケの坪へ。
一ヶ月前に見つけておいた場所を調べると、すぐに数本がみつかった。思ったより小さいが一応完熟しているようだ。
miyatan91018a.jpg
Elaphocordyceps intermedia f. michinokuensis
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 18 Oct. 2009


周辺の落葉層を掻き取ってみると次々に黄色いもやしのようなミヤマタンポタケが現れた。
miyatan91018b.jpg

ざっと調べただけで軽く100体以上が見つかったが、大部分は落葉をめくらなくては見えない。
miyatan91018c.jpg

miyatan91018d.jpg

miyatan91018e.jpg

同じ場所で朽木生の虫草がいくつか見つかったが、何度も取り上げている種類なので省く。
その後、春にオオセミタケがたくさん出ていた場所にも立ち寄ったが、セミノハリセンボンが20体以上見つかった。持ち帰って追倍することにした。

持ち帰ったミヤマタンポタケ
miyatan91018f.jpg

miyatan91018g.jpg
Elaphocordyceps intermedia f. michinokuensis
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 18 Oct. 2009


検鏡もしたが、前回、前々回と変わらないので省く。
  1. 2009/10/22(木) 00:23:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Nomuraea rileyi | ホーム | ウメムラセミタケの寄生菌>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/279-5252d629