スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

初秋の東山

2009/09/17

ずっと日照り続きだったが先週久しぶりにまとまった雨が降り、ようやく秋らしくなってきた。京都市街に買物に出たついでに、いつもの公園に行ってみた。
まず去年ミヤマタンポタケが出ていた辺りを調べた。倒木周りの落葉の層を剥がしてみると明るい黄色の未熟なキノコが現れた。少し掘ってみると確かにコロモツチダンゴが付いている。昨年調べたのは11月だったが、その時は少し遅い感じだった。今はやはり早過ぎて結実しているものは無い。来月後半ぐらいがちょうどいい時期だろう。
miyatan90917a.jpg

miyatan90917b.jpg

miyatan90917c.jpg
Elaphocordyceps intermedia f. michinokuensis
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 17 Sep. 2009


他に未熟な朽木生虫草がいくつか出ていたがこれも早過ぎるのでざっと調べただけで引き上げた。

場所を変えて山に入ってみた。よさそうな広葉樹林が有るのだが、時期が悪いのか何も見つからない。倒木の多くはアカマツで、梅雨の頃と晩秋にはシュイロクチキタンポタケが見られるのだが、今は何も無い時期だ。
かなり調べた後ようやく一体だけシュイロクチキタンポタケが見つかった。夏に出た物の残りだろう。
syuiro90917.jpg
Cordyceps sp.
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 17 Sep. 2009

  1. 2009/09/18(金) 09:21:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ウメムラセミタケの寄生菌 | ホーム | 南丹遠征3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/277-36b9693e