真夏1

2009/08/08、08/17

梅雨明けは遅かったが明けてみればすっかり例年通りで、連日35度Cの猛暑が続く。あまり外に出る気になれない。
8日はAさんにK川を案内したが、ギベルラやトルビエラなどクモ生の虫草が7、8種類みつかった。自分では採らず、写真も撮らなかった。福島に行く前に見つけておいたハヤカワセミタケ(あるいはアマミヤリノホセミタケ)はすっかり成熟して暗緑灰色になっていた。いちおう掘ってみたが寄主のセミ幼虫はすっかり分解されてしまっていた。
haya90808.jpg
Ophiocordyceps owariensis
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 8 Aug. 2009


17日にK川の別の場所に行ってみたが、地面は乾いてしまっていて地生の虫草は全く見当たらない。川に入って葉裏を調べるとやはり気生のクモ生虫草がたくさん見つかった。ほとんどはクモノエツキツブタケだが、大半は古くなって別の菌の寄生をうけている。ギベルラ付きのものが見つかったので2体採取した。他には白い菌糸で被われた未熟のクモ虫草がいくつか見つかった。

持ち帰ったクモノエツキツブタケ。やや古くなっている。
etuki90817a.jpg

etuki90817b.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 17 Aug. 2009


ギベルラを取って検鏡してみた。

分生子柄束。
G_90817a.jpg
synnema of Gibellula sp.

分生子柄はやや短い。
G_90817b.jpg
conidiophores of Gibellula sp.

分生子は長紡錘形。特に長いのはGranulomanus型か?
G_90817c.jpg
conidia of Gibellula sp.
  1. 2009/08/20(木) 11:26:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<真夏2 | ホーム | 虫草祭in福島4>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/273-18308d60