ようやく梅雨空

2009/07/17

梅雨というのにいっこうに雨が降らず、きつい日射しと猛暑でとても外に出る気になれない。久しぶりに夜雨が降った後の曇天でようやく出かける気になった。K川へ。本流ダム湖上流の流れ込みを溯上する。すぐにハチ生虫草が見つかった。かなり成熟しているから、前回来た時には見逃したのだろう。この場所に多いトガリスズメバチタケのようだ。
hati90717.jpg
Ophiocordyceps oxycephala
Host:adult of waps. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

さらに進んで前に来た時未熟だったアマミヤリノホセミタケを見に行った。2週間以上たっているがまだ残っていた。ただ、とっくに時期が過ぎていて、ちょっと触っただけでばらばらになってしまった。寄主のセミも分解されてしまっていた。
幸い少し離れた場所に二体目が見つかった。こちらはまだ未熟だが、一週間ぐらいしたらまた見に行かねばならない。
amami90717a.jpg

amami90717b.jpg
Ophiocordyceps owariensis f. viridescens
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

ツブノセミタケの方はほぼ完熟といったところだ。
tubu90717.jpg
Cordyceps prolifica
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

他になにか細長い虫草から出ているマユダマタケが見つかったが、掘ってみるとコメツキムシの幼虫が出て来た。コメツキムシタケに重複寄生したもののようだ。つまりここはコメツキムシタケが出る場所だということだ。
mayu90717a.jpg

mayu90717b.jpg
Polycephalomyces sp.
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009

ここまで来たついでにホンゴウソウの発生地を確認しに行った。昨年の秋に見つけた場所だ。まだそれほど多くないが、ちらほらと咲いていた。
hongo90717.jpg


よく見ると辺りのコケの中に細長くて白い糸のようなものが何本か出ている。もしかして・・と思い調べてみると小さなハチが付いていた。未熟なので元に戻した。5、6本はあったろう。
hongo90717b.jpg
Cordyceps sp.
Host:adult of waps. Place:Nagaokakyo. 17 Jul. 2009
  1. 2009/07/21(火) 14:59:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ボクトウガオオハリタケ | ホーム | いただきもの>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/265-7456bbb2