スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

春から夏へ1

2009/05/18、20

今週は連続して虫草探しに出かけた。18日はK川へ。サナギタケはほとんど姿を消し、わずかに残ったものも茶色く色褪せて寄主もグズグズに腐っている。菌糸に被われたクモの屍骸を今年初めて見た。おそらくコエダクモタケだろう。ヒメクチキタンポタケもかなり完熟に近くなってきている。
hiku90518.jpg
Cordyceps annullata
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 18 May. 2009


他にも今年初めてのハチタケ(未熟)が見つかるなど、季節は確実に夏モードに移りつつある。
hati90518.jpg
Ophiocordyceps sphecocephala
Host:adult of wasp. Place:Nagaokakyo. 18 May. 2009


K山さんから連絡があって、東山によくわからない菌生虫草が出ているというので、20日に急遽見に行くことになった。特徴を聞いた限りではミヤマタンポタケのようだが、ミヤマなら秋に出るはずだ。菌生虫草の場合は検鏡してみないとなかなか同定はできない。
Aさんも来ていてK山夫妻と4人で坪に向かう。行った先は私も何度か来た事がある場所だったが、ここで菌生虫草を見たことはない。K山さんが示す場所を見ると、落葉の間からもやしのようなひょろ長い子実体が何本も出ている。やはりミヤマタンポタケのようだが、秋にみたものより若いのか頭部が明るい黄褐色でマッチ棒のような感じだ。ひどく脆くて簡単に折れてしまう。何体か持ち帰った。
miyatan90520a.jpg
Elaphocordyceps intermedia f. michinokuensis
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 20 May. 2009


他に朽木生の虫草が何種類か見つかったが、ヒメクチキタンポタケ以外は昨シーズンに出たものの残骸のようだ。
東山はK山さんのフィールドなので私が知らない坪をいくつか教えてもらった。タンポタケやヌメリタンポタケはとっくに姿を消していたが、ハナヤスリタケは萎びかけながらもかなりの数が残っていた。
hanaya90520a.jpg
Elaphocordyceps ophioglossoides
Host:Elaphomyces sp. Place:Kyoto. 20 May. 2009


ちょっと変わった形のものが見つかったので持ち帰った。
hanaya90520b.jpg

その後オオセミタケの坪のほうに廻った。ここは3月初めの時点で20体ほどが出ていたのを確認しているが、Aさんによればその後新たに発生したものがあり、100体以上にもなったという。この公園では他にもいくつかの場所で発生していて総計は数百体にも上ったらしい。当たり年だったのかもしれない。さすがにもう残っていないだろうと思っていたが、行ってみるとまだまだたくさん残っていた。多くは萎びかけたり干涸びたりしている。
osem90520a.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 20 May. 2009


まだちゃんとした形を保っているものもかなりあったが、試しに掘ってみると寄主は分解しかかっていてすぐにくずれてしまう。ここでもちょっと変わった形のものが見つかった。
osem90520b.jpg

昨年の秋にミヤマタンポタケが見つかった場所も調べてみたが、1本も見つからなかった。同じ場所で春、秋の二回出るというわけではないようだ。
  1. 2009/05/22(金) 08:51:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<春から夏へ2 | ホーム | 右京区の山>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/255-13f15098