初サナギ

~2009/04/16

桜の季節が終わると共に京都市内のオオセミタケも終わりを迎えたようだ。4月8日に坪を調べたがほとんどが白い胞子を吐き出していて、すでに萎びているものも多かった。ピークは4月1日前後だったのではないかと思われる。
osem90408.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 08 Apr. 2009


同じくタンポタケなどの菌生虫草も終わったようで、4月10日にK寺裏の山林を見てみたが、ほとんどが胞子を出し終わって萎びていた。
tan90410b.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyce sp. Place:Nagaokakyo. 10 Apr. 2009

nume90410.jpg
Elaphocordyceps longisegmentis
Host:Elaphomyce sp. Place:Nagaokakyo. 10 Apr. 2009


次はいよいよサナギタケが出てくる番だが、ここしばらくこの時季としては珍しい晴天続きでちょっと出そうな気配がなかった。ところが2日前の4月14日に久しぶりにまとまった雨が降ったので、そろそろ出ているだろうと予想してK川に行ってみた。毎年出る道沿いの斜面を調べる。
やはり出ていた。地上部はほんの5mmほどで、まだ白っぽい。まさに出て来たばかりという感じだ。かなり丁寧に探したが、見つかったのは4体だけだった。
sana90416a.jpg

sana90416c.jpg

sana90416b.jpg

sana90416d.jpg
Cordyceps militaris
Host:larva or pupa of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 16 Apr. 2009


クサナギヒメタンポタケも出ているかと調べたが、こちらはまだのようだった。探すうちに木の根元に小さな黄色の虫草っぽいものを見つけた。未熟なマルミノアリタケのようだが未確認。
ari90416.jpg
Ophiocordyceps formicarum?
Place:Nagaokakyo. 16 Apr. 2009

  1. 2009/04/16(木) 18:43:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<連休前巡回3 | ホーム | 都市型オオセミタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/250-fff23d1c