スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

都市型オオセミタケ

2009/03/26

京都市内に出たついでにオオセミタケの坪を見に行った。今年になって何度か観察している場所だが、市街地の公園でしかも発生坪が桜の樹下というわけで、そろそろ採集しなければ思ったのだ。来週、再来週には花見客でいっぱいになり、採集が難しくなることが予想される。ここ数日の寒さで思ったよりは伸びていないようだったが、中には胞子を吐き出し始めているものもある。市街地のオオセミタケを観察するのは実は今年が初めてだ。京都の西山には都市型オオセミタケの発生が少なく、5月頃に山地型がわずかに出るだけだ。都市型は東山に多く、市内の大きな公園や寺社の境内などに見られる普通種だ。虫草仲間からの情報や今年の観察から考えるとどうやら桜の咲く頃にピークを迎えるようだ。
osem90326d.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 26 Mar. 2009


トガリアミガサタケやいくつかの菌生虫草と時期を同じくする種類だ。
osem90326e.jpg


木の根が縦横に走っている中に発生しているので、掘り出しは結構大変だ。ようやく数体を掘り出したが寄主は全てアブラゼミの幼虫だった。山地型では寄主はヒグラシの幼虫になる。

持ち帰ったオオセミタケ。山地型よりやや大型のように思える。
osem90326a.jpg

osem90326b.jpg

osem90326c.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 26 Mar. 2009

  1. 2009/03/28(土) 15:24:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<初サナギ | ホーム | 疑問のタンポタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/249-b6c91d09