虫草おさめ

2008/12/30

Aさんからの情報によると、東山ではもうハナヤスリタケが出始めたようだ。それならこちらでもタンポタケが出ているのではないかと、K寺裏の山林を見に行った。毎年タンポタケやヌメリタンポタケが出る坪で落葉をめくって調べると、やはり直径3mmほどの小さな丸い頭部が顔を出していた。さっそく撮影。
tan81230c.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces sp. Place:Nagaokakyo. 30 Dec. 2008


そばに写っている枯木のような物はこれだった。
tan81230d.jpg


周りを調べて5、6体みつかった。15日にも同じ場所を調べてその時には出ていなかったので、この2週間に出て来たことになる。
tan81230a.jpg

tan81230b.jpg


他には古くなったオイラセクチキムシタケが一体。オイラセは他にもたくさん出ているがほとんどは未熟だ。
oira81230.jpg
Ophiocordyceps rubiginosoperitheciata
Host:pupa of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 30 Dec. 2008


コガネムシハナヤスリタケの坪にも廻ってみたが、大半はマユダマタケの重複寄生を受けている。中に2体ほど本来の形を留めているものがあったが、この時季ではすでに胞子を放出し終わった残骸だろう。
kogaha81230a.jpg
Ophiocordyceps nigrella
Host:pupa of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 30 Dec. 2008


今年の虫草日誌はこれでお終い。
  1. 2008/12/31(水) 10:40:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ヌメリタンポタケとタンポタケ3 | ホーム | ちっちゃいやつ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/241-c492a9ae