スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

蛾生アナモルフ

2008/12/18

K川へ。この日はアブ谷へのコースをとる。途中、道沿いに生える木の葉を調べながら進む。アオキの枝に虫草らしきものを発見。ルーペを忘れてきたので細かいところは確認できなかったが、小型の蛾生のAkanthomycesのようだ。周りの木を調べてさらに3体見つかった。
A_p81218a.jpg

A_p81218b.jpg

A_p81218c.jpg
Akanthomyces sp.
Host:adult of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 18 Dec. 2008


付いていた木の種類はばらばら、シダの葉に付いていたものもあった。この道は秋に何度か通っているので、比較的最近発生したもののようだ。内2体を持ち帰る。

持ち帰ったAkanthomyces sp.
A_p81218d.jpg
Akanthomyces sp.
Host:adult of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 18 Dec. 2008


シンネマ(分生子柄束)を一本取って検鏡したが、別種の菌の重複寄生を受けているようだ。冬季に採集したものはこういうものが多い。重複寄生菌はおそらくVeriticillium lecanii
ga81208e.jpg
conidia and phialides of Veriticillium lecanii

まとわりついている重複寄生菌を取り除くとAkanthomycesっぽいフィアライドが現れた。
ga81218b.jpg
phialides of Akanthomyces sp.

この日は他にクモ生など何種類かの虫草がみられた。
  1. 2008/12/19(金) 21:38:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ちっちゃいやつ | ホーム | オイラセクチキムシタケ3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/239-5698f5ec