トガリスズメバチタケ2

2008/10/02

キマワリアラゲツトノミタケを探している最中、林内地上に黄色い棍棒状のものが出ているのを見つけた。落葉を取り除いてみるとスズメバチが出て来た。結実部の形からみてトガリスズメバチタケだ。少し離れた所でさらに一体見つかった。二体とも採取した。
hati81002a.jpg

hati81002b.jpg
Ophiocordyceps oxycephala
Host:adult of wasp. Place:Kyoto. 02 Oct. 2008


持ち帰ったトガリスズメバチタケ
hati81002c.jpg

hati81002d.jpg
Ophiocordyceps oxycephala
Host:adult of wasp. Place:Kyoto. 02 Oct. 2008


ハチタケに比べ結実部が長く先端が少し尾状に突き出ている。
hati81002e.jpg


初めは胞子の自然放出はなかったが一晩保存すると盛んに胞子を放出していた。

子嚢胞子をスライドグラス上に放出させて、まずドライで検鏡した。子嚢胞子の長さを計るにはドライがよい。
hati81002f.jpg
ascospore of Ophiocordyceps oxycephala

次にカバーグラスをかけて端から水をしみ込ませて検鏡した。水をしみ込ませると長い胞子の場合は曲がりくねってしまったりバラバラになってしまう。
hati81002h.jpg
ascospore of Ophiocordyceps oxycephala

子嚢胞子は二次胞子に分裂する。
hati81002g.jpg
secondary spores of Ophiocordyceps oxycephala

ところでこのキマワリアラゲツトノミタケの坪、前々回に“もしかして見逃されていた坪?”と書いたが、後で聞いてみるととっくに御存じの坪だったようだ。
  1. 2008/10/06(月) 11:04:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<試し撮り | ホーム | キマワリアラゲツトノミタケ2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/231-4151611d