横浜の森

2008/09/13

9月13日は夕方からグループ展の懇親会、翌14日が搬出、ということでまた東京へ。夕方まで時間があるので横浜市の某ふるさとの森に行くことにした。ここは以前からのネットでの知り合いのN島さんやKIMIKOさんのお馴染みのフィールドで、いろいろ珍しい虫草も出ている場所だ。近くの駅からバスでふるさとの森へ。
かなり広いのでどこから入ったらいいのかよくわからないが、とりあえず手近な入口から入る。雨があったのか地面の湿り具合が非常に良く、辺りはきのこでいっぱいだ。入ってすぐにツクツクホウシタケが一つ見つかった。セミが非常に多く、抜け殻や屍骸がたくさん落ちている。セミの成虫生の虫草を探したが、さすがにすぐには見つからない。
とりあえずこの森の全体像を掴もうと道に沿って歩く。平らな公園っぽい所に出たので苔のある所を調べてみると、ここでもツクツクホウシタケが見つかった。落葉を掻き分けてていねいに調べると、あちこちに生えている。未熟なものから過熟のものまで10体以上見つかったが、完全型のものはなかった。
tuku80913a.jpg

tuku80913b.jpg

tuku80913c.jpg

tuku80913d.jpg
Isaria cicadae
Host:nymph of cicada. Place:Yokohama. 13 Sep. 2008


他にニイニイゼミから出たセミノハリセンボンが一体。
semiha80913c.jpg
Isaria takamizusanensis
Host:adult of cicada. Place:Yokohama. 13 Sep. 2008


その後さらに歩き回る。奥の池がある辺りは湿り気も多く、いかにも虫草が出そうな所だ。斜面を調べるとやはりオサムシタケが見つかった。もう時期はずれなので萎びた感じになっている。早速三脚を斜面に立て掛けて撮影したが、この時KIMIKOさんに見られていた事が後に判明した。
osa80913.jpg
Tilachlidiopsis nigra
Host:adult of Coleoptera. Place:Yokohama. 13 Sep. 2008


さらに進むと森の中を水が流れているような場所に出た。ここでは薄紫色の分生子柄で覆われたセミノハリセンボンが見つかった。辺りを調べるとさらに数体が見つかった。
semiha80913a.jpg

semiha80913b.jpg
Isaria takamizusanensis
Host:adult of cicada. Place:Yokohama. 13 Sep. 2008


もっと探したかったが時間がきたので引き上げることにした。非常に魅力的な場所で、機会があればまた来たい所だ。
  1. 2008/09/18(木) 17:48:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<キマワリアラゲツトノミタケ | ホーム | 高尾山の地味な虫草2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/228-d19ce0aa