スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

高尾山の地味な虫草1

2008/09/10

9月9日はグループ展で朝から東京へ。翌日は高尾山に出かけた。前に来た時によさそうな場所の見当をつけておいたのだが、なんと土砂崩れで通行止め。仕方なく別のコースをとる。結局、前回と同じ場所を調べることになった。谷に降りて葉裏を調べるとクモ生の虫草がかなり見つかったがどれも地味な種類。でもせっかく来たのだからといくつか採集した。一種類づつ紹介しよう。
まずはお馴染みのAkanthomyces novoguineensis。やや古くなっている。
A_n80910c.jpg
Akanthomyces novoguineensis
Host:spider. Place:Mt.Takao Hachiouji. 10 Sep. 2008


分生子形成細胞
A_n80910a.jpg
phialides of Akanthomyces novoguineensis

分生子
A_n80910b.jpg
conidia of Akanthomyces novoguineensis

次のはよく似ているがちょっと違う。Akanthomyces ovalongatus。長岡京には無い種類だ。
A_o80910c.jpg
Akanthomyces ovalongatus
Host:spider. Place:Mt.Takao Hachiouji. 10 Sep. 2008


分生子形成細胞は前種とあまり変わらないが・・
A_o80910a.jpg
phialides of Akanthomyces ovalongatus

分生子の長さがかなり短い。
A_o80910b.jpg
conidia of Akanthomyces ovalongatus

次のもお馴染み。Akanthomyces aranearum
A_a80910c.jpg
Akanthomyces aranearum
Host:spider. Place:Mt.Takao Hachiouji. 10 Sep. 2008


分生子形成細胞はやはり似たような物
A_a80910a.jpg
phialides of Akanthomyces aranearum

分生子の形がちょっと違う。
A_a80910b.jpg
conidia of Akanthomyces aranearum

これも似ているが、ギベルラの仲間。Gibellula leiopus。これもやや古くなっている。
G_l80910c.jpg
Gibellula leiopus
Host:spider. Place:Mt.Takao Hachiouji. 10 Sep. 2008


分生子形成細胞
G_l80910a.jpg
phialides of Gibellula leiopus

分生子
G_l80910b.jpg
conidia of Gibellula leiopus

地味ながら数はあるので次回に続く。
  1. 2008/09/13(土) 00:00:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<高尾山の地味な虫草2 | ホーム | 忙中検鏡>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/226-f3fb03de