今年のキアシ

2008/08/11

N神社は昔はセミタケキアシオオゼミタケがたくさん出たものだが、バブル期以降相次ぐ改修によってすっかり変わってしまい、ここ十年ほどは虫草を見る事もなくなっていた。ただ、セミタケのシーズンになると今でも一応は坪の確認を続けている。今年も10年ほど前までは発生していた場所を調べてみたが、虫草っぽいものが1体だけ見つかった。
semi80811b.jpg

semi80811c.jpg


ルーペで見てもツブツブらしきものは確認できないし、形も随分いびつなのだが何となくキアシオオゼミタケの感じがする。一応掘ってみるとやはりセミの幼虫が現れた。
semi80811a.jpg
Cordyceps cicadae
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyou. 11 Aug. 2008


久しぶりの1体なので採らずに残して置こうかとも考えたが、正常に成熟していないように思われたので持ち帰って調べてみることにした。ま、環境さえ変わらなければ1体採ったぐらいではどうということはない。

持ち帰って調べてみたが、やはりキアシオオゼミタケと見てよさそうだ。ただ、何か別の菌の重複寄生を受けているようだ。
semi80811e.jpg

semi80811f.jpg
Cordyceps cicadae
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyou. 11 Aug. 2008


子実体の表面を掻き取って検鏡してみると多数の分生子らしきものが見られた。子嚢殻や子嚢胞子が確認できなかったので確かではないが、おそらくHypomicesのアナモルフ(不完全型)だろう。
semi80811d.jpg
conidia of Hypomices sp.?

同じ場所でセミカビを見つけたが、一部が緑色になりかけているところから見てBeauveriaではなくNomuraea cylindrosporaだろう。
semikabi80811.jpg
Nomuraea cylindrospora
Host:adult of cicada. Place:Nagaokakyou. 11 Aug. 2008


今年のキアシオオゼミタケは東山のほうでは順調に出ているようだが、西山では不調のようだ。いつも出ているいくかの寺社を調べてみたが、西京区の神社で黄色型を一体見ただけだった。この個体は発生し始めた時から何度か観察したが、日照り続きのため成長しきらずに干涸びてしまったようだ。この坪は境内の植込みなのだが、水をやってもらえないのかいつもこの時期には地面がからからに乾いている。
kinsemi80811.jpg
Cordyceps cicadae f.
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 11 Aug. 2008
  1. 2008/08/14(木) 18:07:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<八月は川遊び2 | ホーム | 八月は川遊び>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/222-5284da78