スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カメムシタケ3

2008/08/01

そろそろ出る頃なので自転車で京都方面にカメムシタケを見に行った。まずO神社に立ち寄る。O神社といっても御近所のO神社とは別。ここは以前はなかなか優秀な坪だったのだが、近頃ではさっぱりだ。ところが参道脇の溝でセミタケが見つかった。この神社でも昔は結構出ていたのだが、もう10年以上見ていない。久しぶりの出会いに喜んで昔出ていた辺りを探してみたが、他には見つからなかった。一本だけだったので採集せず。
semi80801.jpg
Ophiocordyceps sobolifera
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 01 Aug. 2008


神社を出てカメムシタケの坪へ。ここは国道脇の草地だが、年々荒れていくような気がする。入口近くの以前よく出ていた場所は草が刈り取られていたので、草を掻き分けながら奥に進む。たけの高いオオイタドリの群落まで辿り着いて辺りを調べると、やはりカメムシタケが出ていた。最初にここを見つけた時には100体以上も見つかったものだが、今回はわずかに20体ぐらい。もちろん調べたのは草地のほんの一部だから、実際にはもっと出ているのだろうが。何体か撮影し5、6体を持ち帰った。非常に暑いのであまり長くは調べていられない。

kame80801a.jpg

kame80801b.jpg
Ophiocordyceps nutans
Host:adult of stink bug. Place:Kyoto. 01 Aug. 2008


持ち帰ったカメムシタケ。寄主はいつも通りツマキヘリカメムシ。
kame80801c.jpg

kame80801d.jpg
Ophiocordyceps nutans
Host:adult of stink bug. Place:Kyoto. 01 Aug. 2008


いわゆるエダウチカメムシタケも採集した。これはカメムシタケの分生子型と言われているが、分生子柄の形を見るとマユダマタケと変わるところろはない。重複寄生だろう。
kame80801e.jpg

kame80801f.jpg
Polycephalomyces sp. on Ophiocordyceps nutans
Host:adult of stink bug. Place:Kyoto. 01 Aug. 2008
  1. 2008/08/03(日) 18:25:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<八月は川遊び | ホーム | 雷雨>>

コメント

なるほどです

よく拝見しています。継続して更新凄いです。私も努力しないと・・・。ここのところ寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。また拝見させて頂きます。
  1. 2008/11/10(月) 10:53:18 |
  2. URL |
  3. アキオ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/220-5c9e3415