こんがらがったハリセンボン

2005/03/07

まだまだ仕事が残っているが、ちょっとだけのつもりでK川へ。2月21日と同じ場所を調べたが、目的の菌生虫草は前回見つけた一体だけしかみつからなかった。このところ寒い日が続いているせいだろうか?K寺では5日に今年最初のトガリアミガサタケも確認しているのだが。
場所を変えてハガクレ谷の方に行ってみるが、ここでも空振り。やはりあと半月はかかりそうだ。

syakuto1s.jpg


収穫が全くないので、帰りに川に降りてみる。アオキの葉裏を調べているうちに、枝に絡まった虫草っぽいものが目に付いた。ルーペを忘れて来たので確認できないが、どうやらシャクトリムシハリセンボンのようだ。枝を折って持ち帰る。他にはギベルラの仲間が一つ見つかっただけだった。

syakuto2s.jpg

シャクトリムシハリセンボンCordyceps sp.

杉か何かの葉が絡まっているような感じ
でもよく見るとシャクトリムシだ。ストローマには子嚢果は付いていない。

syakuto3s.jpg

何とトルビエラのように寄主の体から直接子嚢果が・・

guberura1s.jpg

おまけのギベルラ


  1. 2005/03/07(月) 16:37:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<イトヒキミジンアリタケ | ホーム | ヌメリタンポタケ2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/22-32290e7e