クサナギ谷2

2008/07/11

明日7月12日から神戸で個展なのでしばらく虫草探しには行けない。搬入と飾り付けが昨日終わってしまったので思いがけず1日空いてしまった。そこで気になっていたクサナギの坪を見に行くことにした。まずしるしを付けておいたコメツキムシタケを探したが見つからない。大雨があったし、山仕事の人の通り道でもあるのでまあ仕方がない。2体目はしるしの場所に見つかったが子嚢果はまだできていない。3体目もしるしは見つかったが虫草は見つからなかった。
kome80711.jpg
Ophiocordyceps agriotidis
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 11 Jul. 2008


アリ生の不明虫草のほうも調べてみた。一応見つかったのだが、白いカビのようなものが生えて随分きたなくなっている。継続観察はあきらめて持ち帰ることにした。その近くで蛾の繭と思われるものから出たハリタケ型の未熟虫草を見つけたので替わりに継続観察することにした。
humei80711.jpg
Cordyceps sp.
Host:cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyou. 11 Jul. 2008


クサナギヒメタンポタケは胞子を放出し終えたようですっかり減っていたが、それでも過熟個体がいくつかみつかった。出始めたのは5月初めだから、もう2ヶ月以上出ていることになる。随分長持ちするものだ。
kusa80711.jpg
Cordyceps kusanagiensis
Host:cocoon of Lepidoptera. Place:Nagaokakyou. 11 Jul. 2008


持ち帰ったアリ生虫草。子嚢果っぽい膨らみがあるがよくわからない。アリノミジンツブタケの重複寄生を受けているようだ。確認はできないがクビオレアリタケかもしれない。
ari80711.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:adult of ant. Place:Nagaokakyou. 11 Jul. 2008
  1. 2008/07/15(火) 08:09:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ハヤカワセミタケの坪へ | ホーム | 東京のオサムシタケ3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/215-d3e4234a