スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

御近所巡回2

2008/06/26、27

ヒメクチキタンポタケの坪のほうも調べてみた。前回より少し範囲を拡げて林の周辺部も調べてみたが、そこでも結構たくさん出ている。前に今年は50体ぐらいと書いたが、結局の所100体ぐらいは出ているのかもしれない。もっとも昨年、一昨年はこんな周辺部までは調べていないので、段階的に減って来ていることは間違いない。
hiku80626b.jpg

頭部の形の変わったものがあったので載せておこう。
hiku80626a.jpg
Cordyceps annullata
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 27 Jun. 2008


ところでヒメクチキタンポタケと同じくキマワリの幼虫生でちょっと変わったものがいくつかみつかった。
初めは未熟なクチキムシツブタケかと思ったがキャラメルのような粘塊状の物質に被われている。
humei80626a.jpg

humei80627b.jpg

同じような物質に被われた古いヒメクチキタンポタケも見つかった。
humei80627a.jpg

どうやら重複寄生菌のようだ。同じようなものは以前にも見た事がある。その時検鏡した結果はマユダマタケの仲間によく似ていた。
粘塊状の物質が付いていないものもあったが、うまく成熟すれば元の虫草の正体がわかるだろう。
humei80627c.jpg
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyou. 27 Jun. 2008
  1. 2008/06/28(土) 19:27:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<御近所巡回3 | ホーム | 御近所巡回1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/212-5317f7fd