市内巡回

2008/05/28

知り合いの展覧会が多いのでまとめて見に行くことにして京都市内に出た。4つの会場を廻る途中に虫草の坪を入れる。
某神社は市内でも有名なキノコの観察地だが、虫草ではアブラゼミタケ、ハナアブラゼミタケの発生地として知られている。多くの人々が観察している場所なので、ここでは採集するわけにはいかない。発生を確認するだけのつもりで坪へ。予想通りハナアブラゼミタケが発生していたが完全型の子嚢果は確認できなかった。時期的にはアブラゼミタケの発生にはまだ早い。ハナアブラゼミタケ、もしくは未熟なアブラゼミタケは全部で10体程見つかった。
haabu80528a.jpg

haabu80528b.jpg

haabu80528c.jpg

haabu80528d.jpg

haabu80528e.jpg
Isaria nipponica (anamorph of Cordyceps nipponica)
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 28 May 2008


人通りが多い場所なので素早く撮影する。それでも「何を撮っているのですか?」と話し掛けてくる人がいる。説明するのが面倒なので、「地面を撮っています。」とそっけなく答えて追い払う。撮っている途中にセミ穴を一つみつけた。浅い穴の中に幼虫の背中が見えている。小枝でつついても動かないので引っ張り出してみると、やはり死んでいるようだ。虫草の坪でアリに喰われもせず形状を保っている屍骸は菌に侵されていると考えるのが常道なのでこれは持ち帰る。
その後もう一ケ所の坪を調べたがこちらは出ていなかった。さらにもう一ケ所へ。ここではマルミノアリタケを一体みつけた。これは持ち帰った。
ari80528a.jpg
Ophiocordyceps formicarum
Host:adult of ant. Place:Kyoto. 28 May 2008


持ち帰ったマルミノアリタケ。一応検鏡もしてみたが普通のマルミノアリタケだった。
ari80528b.jpg

ari80529c.jpg
Ophiocordyceps formicarum
Host:adult of ant. Place:Kyoto. 28 May 2008
  1. 2008/05/30(金) 22:20:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<クサナギの新坪2 | ホーム | 大発生の兆し>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/207-3f18f535