タンポタケその後

2008/04/08, 09

グループ展がようやく終わったので、久しぶりにK川に行った。延々と続いていた本流沿いの林道工事も、ようやく一段落ついたようで通れるようになっていた。道沿いの斜面はすっかり削り取られて多くの坪が消失していた。以前タンポタケやハナヤスリタケが出ていた辺りを調べてみたが、ついに一体も発見できなかった。本流のほうはあきらめて、ハガクレ谷のほうの坪を調べると、こちらのタンポタケはいくつか出ていた。少し時期が過ぎているようで、胞子を出して白くなっているものもあった。
tan80409b.jpg

tan80408a.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces granulatus Place:Nagaokakyo. 08 Apr. 2008


マルミノアリタケの坪にも寄ったが、まだ一本も出ていなかった。帰りに某神社の満開の桜の下で夕食用にトガリアミガサタケを30本ほど採って帰った。


翌日、昼食に出たついでにK寺裏の山林を調べてみた。こちらのタンポタケはK川にくらべると少し遅いようで、ようやく完熟に近づいたという感じだった。
tan80409a.jpg
Elaphocordyceps capitata
Host:Elaphomyces granulatus Place:Nagaokakyo. 08 Apr. 2008


ヌメリタンポタケのほうはやや時期が過ぎているようで、萎びかけているものもあった。
nume80409a.jpg
Cordyceps canadensis
Host:Elaphomyces granulatus Place:Nagaokakyo. 08 Apr. 2008
  1. 2008/04/10(木) 15:52:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<滋賀遠征2 | ホーム | 春霞の東山>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/198-18b1fada