春霞の東山

2008/03/26

今日から京都市内でグループ展が始まった。午前中に少しだけ会場に顔を出してから徒歩で東山へ。某公園で夕食用にトガリアミガサタケを採集してから山に入った。山頂までのコースは何度か来たことがあるが、帰りは別のコースをとった。倒木が多い場所があったので調べてみると予想通り未熟なヒメクチキタンポタケがみつかった。撮影だけして元に戻す。
himeku80326.jpg
Cordyceps annullata
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 26 Mar. 2008


さらに調べると朽ちた切株にクチキムシツブタケを見つけた。寄主は分解が進んでボロボロになっているがキマワリの幼虫かもしれない。持ち帰る。
kutiki80326a.jpg
Cordyceps cuboidea
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 26 Mar. 2008


持ち帰ったクチキムシツブタケ
kutiki80326c.jpg

kutiki80326b.jpg
Cordyceps cuboidea
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 26 Mar. 2008


結実部の拡大。子嚢殻の色からしてすでに古くなったもののようだ。
kutiki80326d.jpg


先週みつけたものと同じく、別種の虫草に重複寄生しているようだ。クチキツトノミタケかキマワリアラゲツトノミタケに見える。
kutiki80326e.jpg


ところでクチキツトノミタケの寄主はコメツキムシ、キマワリアラゲツトノミタケの寄主はキマワリとされているが、寄主以外に両者の明確な違いはなさそうだ。或いは寄主違いの同種かもしれない。

尚、手許の資料を調べてみるとやはり東山でキマワリアラゲツトノミタケが何度か記録されているようだ。
今回の場所は先週行った所とは遠く離れているので、東山一帯にかなり広く分布しているのかもしれない。
  1. 2008/03/27(木) 10:29:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<タンポタケその後 | ホーム | 雨の東山>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/197-05849fa8