スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Nキャンプ場

2007/12/19

やっと個展が終わったが、後始末が残っていたりして当分遠出はできそうにない。今日は久しぶりにK川方面へ。キャンプ場に向かう本流沿いの道は工事がだらだらと続いているので、大回りをしてキャンプ場側から入り上流を調べた。入口近くでヒサカキの葉裏を調べると、黄色っぽいものがたくさん付いていた。
Hypocrellaのようだ。付いている葉を何枚か持ち帰ることにした。
hypo71219b.jpg

寄主はコナジラミ。
hypo71219a.jpg
Hypocrella sp.
Host:pupa of whitefly. Place:Nagaokakyo. 19 Dec. 2007


川に入って岸の葉裏を調べたがクモ虫草はあまり付いていない。小型のギベルラ、ハガクレシロツタケ、それにカビに覆われたトルビエラの残骸などがいくらかみつかるぐらい。やっとまともなクモ虫草が一つだけ見つかったので持ち帰ることにした。クモノエツキツブタケツキダシハスノミクモタケだと思うがどちらとも決めかねる。以前からこの二種は同じものではないかと考えている。柄の伸び方の程度に違いがあるだけのような気がする。
tuki71219.jpg
Torrubiella or Cordyceps sp.
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 19 Dec. 2007


もう一体クモ虫草が見つかったが、これは古いギベルラのようだ。
kumo71219.jpg
Gibellula sp.
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 19 Dec. 2007


川から出て斜面を調べていると木にひっかかった小さな枝にシャクトリムシハリセンボンが付いているのがみつかった。フタイロスカシツブタケの重複寄生を受けている。これらの種は標本も充分に持っているので最近は見つけてもあまり採集しないのだが、折れた枝に付いていることでもあり持ち帰ることにした。
huta71219a.jpg

huta71219b.jpg

huta71219c.jpg
Torrubiella sp. on Cordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 19 Dec. 2007




  1. 2007/12/19(水) 21:04:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今年のヒポクレラ | ホーム | オイラセクチキムシタケ2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/190-effa705c