キアシオオゼミタケ

2007/07/23

昨日(22日)神戸から帰る途中で寄り道をしていつもキアシオオゼミタケが出る西京区の神社を覗いてみると何体か出ているようだったので、今日改めて行ってみた。いつも出る植込みに茶色のが一体と黄色のが一体、少し離れた普通の地面に一体の計三体が見つかった。
kiasi70723c.jpg

kinse70723a.jpg

kiasi70723b.jpg
Cordyceps cicadae
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 23 Jul. 2007


人通りが多い神社なので人目を忍んでこそこそと作業をする。撮影後、検鏡用に茶色と黄色を各一体づつ採取したが、黄色のほうは太い木の根の下にはまり込んでいたので途中でギロチンしてしまった。寄主のセミも古くなっていたようだ。周りの社寺をいくつか調べてみたが、ある神社で茶色のがもう一体みつかった。これは採らなかった。
kiasi70723d.jpg


持ち帰ったキアシオオゼミタケ。かなりの大型だ。
kiasi70723a.jpg
Cordyceps cicadae
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 23 Jul. 2007


子嚢果は埋生。
kiasi70723e.jpg
stroma of Cordyceps cicadae

胞子を放出しているようだったので検鏡した。子嚢胞子は普通64の二次胞子に分裂する。
kiasi70723f.jpg
Ascospore of Cordyceps cicadae

こちらは黄色型
kinse70723c.jpg
Cordyceps sp.
Host:nymph of cicada. Place:Kyoto. 23 Jul. 2007


子嚢果はやはり埋生。
kinse70723b.jpg
stroma of Cordyceps sp.

こちらも胞子を放出していた。子嚢胞子は同じく普通64の二次胞子に分裂するようだが、変なものが混じっていた。32個の普通の部分胞子と16個の長い胞子が繋がったものだ。おそらく半分だけ分裂回数が少ないのだろう。
kinse70723d.jpg
Ascospore of Cordyceps sp.





  1. 2007/07/23(月) 21:54:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シュイロクチキタンポタケ2 | ホーム | コエダクモタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/176-3801bce8