コエダクモタケ

2007/07/19

K川へ。大雨が続いたあとしばらくたったがまだ水嵩が多い。アブ谷を調べてみたがようやくクモ生の虫草が目に付くようになってきた。
コエダクモタケが特に多い。10体程がすぐにみつかった。ここ数年では一番密度が高い。この種は葉裏ではなく枝に付く。3体を採集した。
他に不完全型のクモ生虫草いくつかとアブラムシ生のHirsutella がみつかった。
koeda70719a.jpg

koeda70719b.jpg

koeda70719d.jpg

koeda70719e.jpg

koeda70719f.jpg
Torrubiella leiopus
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 19 Jul. 2007


持ち帰ったコエダクモタケの内一体はすぐに胞子を放出し始めたので、スライドグラスに取って検鏡した。
子嚢胞子は非常に長い。128個ぐらいの二次胞子に分裂する。
koeda70719c.jpg
Ascospore of Torrubiella leiopus

アブラムシ生のHirsutella
abura70719.jpg
Hirsutella sp.
Host:aphid. Place:Nagaokakyo. 19 Jul. 2007




  1. 2007/07/21(土) 10:39:56|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<キアシオオゼミタケ | ホーム | ハヤカワセミタケ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/175-466e391b