ハヤカワセミタケ

2007/07/09

K川へ。ダム湖上流の流れ込みを調べる。クモ生虫草もそろそろ出ている頃だが、今日は主に岸の地面を調べるのが目的だ。カイガラムシキイロツブタケを確認したが、6月11日に見つけておいたシャクトリムシハリセンボンはなくなっていた。枝ではなく枯れた葉に付いていたので雨で落ちてしまったのだろう。少し上流に進んで別の合流点付近を調べた。ここはC山で小型虫草がたくさん見つかった場所に感じが似ている。すぐにハチタケツブノセミタケが見つかった。ハチタケのほうは持ち帰る。
hati70709b.jpg

hati70709a.jpg
Cordyceps sphecocephala
Host:wasp. Place:nagaokaKyo. 09 Jul. 2007


tubu70709.jpg
Cordyceps prolifica
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 09 Jul. 2007


他にホソエノコベニムシタケがいくつか見つかった。

シュイロクチキタンポタケの坪に行こうとして山道を進もうとすると足元に虫草らしきものが叢生している。ちょっと太めのツブノセミタケかと思ったが、ルーペで見ると子嚢果が違う。以前見たことのあるハヤカワセミタケのようだ。2000年にこの近くで見つけて以来だから実に7年ぶりということになる。早速掘ってみると意外に深くいくつもに分岐している。寄主は大型のセミの幼虫だ。後で調べてミンミンゼミであることがわかった。この種に付いたものは初めてだ。やや未熟だったが子嚢果ができていたので追培可能とみて持ち帰ることにした。
haya70709c.jpg

haya70709a.jpg

haya70709d.jpg
Cordyceps owariensis
Host:nymph of cicada. Place:Nagaokakyo. 09 Jul. 2007


子嚢果は斜埋生。
haya70709b.jpg
stroma of Cordyceps owariensis

持ち帰って検鏡してみたが子嚢はやや未熟。追培中。

シュイロクチキタンポタケは一体だけ見つかった。年々発生数が減っているようだ。
syu70709.jpg
Cordyceps sp.
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 09 Jul. 2007


帰り道でホソエノコベニムシタケが木の幹から出ているのが見つかった。木そのものからではなく木の幹に付いた土から出ているようだ。
hosoe70709a.jpg
Cordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 09 Jul. 2007






  1. 2007/07/10(火) 16:42:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<コエダクモタケ | ホーム | 東京のオサムシタケ2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/174-73d02ca6