C山1

2007/06/30

昨年の12月に行った京都市北東部のC山に再び虫草探しに行った。メンバーは昨年の4人に加え同じくMOOKきのこに関係するO氏とKさん、さらにメンバーのお友達関係を併せて10人ぐらいになった。もっとも全員が虫草狙いというわけではない。
山に入ってそれぞればらばらに探すうちになかなかよさそうな斜面を見つけた。まずホソエノコベニムシタケ、続いてツブノセミタケが見つかったので近くにいた数人を呼んでみんなで探すと、次々にいろんなものが見つかった。Hさんがアワフキムシタケを、O氏がシロミノカイガラムシタケを、私が朽木から生えた赤い虫草や未熟なハリタケ型の不明種を見つけ、ホソエノコベニ、アワフキ、ツブノセミタケなどはいくつもみつかった。

順番に画像で紹介していこう。

ホソエノコベニムシタケ。ここのものは西山のものより随分小型だ。
hosoe70630a.jpg

hosoe70630b.jpg

hosoe70630c.jpg
Cordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera. Place:Kyoto. 30 Jun. 2007


アワフキムシタケは普通種とされているが西山には出ないので、実は私は初めて採った。5、6体見つけたが3体はギロチンしてしまった。
awa70630a1.jpg

awa70630a2.jpg

awa70630b2.jpg

awa70630c.jpg
Cordyceps tricentri
Host:spittle bug. Place:Kyoto. 30 Jun. 2007


シロミノカイガラムシタケはカイガラムシキイロツブタケに似ているが色が黄色くない。
siromi70630a.jpg

siromi70630b.jpg

siromi70630c.jpg
Torrubiella sp.
Host:scale insect. Place:Kyoto. 30 Jun. 2007



朽木から生えた赤い不明虫草。朽木に入っていた寄主を取り出そうとしたらばらばらになってしまった。寄主はどうやらハチの繭らしい。持ち帰って検鏡するとお馴染みのヌンチャク型の子嚢が見えた。
nun70630a.jpg

nun70630b.jpg
Cordyceps sp.
Host:cocoon of wasp. Place:Kyoto. 30 Jun. 2007


nun70630c.jpg
asci of Cordyceps sp.

不明種。小型のイモムシから出ているが未熟で子嚢果ができていない。
humei70630.jpg
Cordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera. Place:Kyoto. 30 Jun. 2007


ハチタケ。未熟個体。この日はもう一体見つかっている。
hati70630.jpg
Cordyceps sphecocephala
Host:wasp. Place:Kyoto. 30 Jun. 2007


まだまだあるが続きは次の回で。

  1. 2007/07/01(日) 19:28:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<C山2 | ホーム | シーズン到来>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/171-ab797959