シーズン到来

2007/06/25、26

いよいよ本格的な虫草シーズンに入ったようで、続々とお馴染みのメンバーが顔を見せている。

25日、ヒメクチキタンポタケの写真を50体ぐらい撮ったところで見慣れない虫草を見つけた。タンポ型の頭部だがツブ状になっている。
tubuse70625.jpg
これは新発見か!!と、あわてて掘ってみると細い紐状になって深く続いている。いやな予感がした。どうやらセミ生虫草で、それもかなり長そうだ。掘り進んでいくと太い根に阻まれた。これ以上は無理というところでようやく寄主に辿り着いた。疲れたのでこの日は作業終了。
持ち帰って調べると頭部の形は丸いもののそれ以外はどう見てもツブノセミタケだ。
tubuse70625a.jpg

tubuse70625b.jpg
Cordyceps prolifica
Host:nymph of cicada (Tanna japonensis). Place:Nagaokakyo. 25 Jun. 2007


検鏡してみたが、胞子の特徴はツブノセミタケのものと変わるところはない。結局変な形のツブノセミタケだったわけだ。
tubuse70625c.jpg
Ascospores of Cordyceps prolifica

翌26日も前日の続きをしたが、ヒメクチキタンポタケ以外にもいろいろ出ていた。まずはクモタケ。これは前日にも見ているが今年の最初の記録だ。
kumo70626a.jpg
Nomuraea atypicola
Host:spider (Latouchia typica). Place:Nagaokakyo. 26 Jun. 2007


それからヒメクチキを探している途中に見つけた赤い虫草。
hosoe70626a.jpg

昨年ここで見つけた赤いやつと同じ種類かと思ったが、帰ってから洗ってみるとホソエノコベニムシタケ(財田型)だった。この種はここでは初めてだ。
hosoe70626b.jpg
Cordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera. Place:Nagaokakyo. 26 Jun. 2007


また前日昼食に出た時に某寺で見つけておいたセミタケの写真も撮った。今年は3体出ている。以前はK寺でもよく出ていたのだが最近は見かけない。この寺のほうが市街地にあるのにセミタケが出続けているのは周りの環境に変化がないためだろう。まだ胞子を放出していないようなので、採集は控えた。この近辺でセミタケが出るのは最早ここだけになってしまったので、保護しなければならない。
semi70626a.jpg

semi70626b.jpg

semi70626c.jpg
Cordyceps sobolifera
Host:nymph of cicada (Platypleura kaempferi). Place:Nagaokakyo. 26 Jun. 2007







  1. 2007/06/27(水) 21:07:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<C山1 | ホーム | 今年も大発生>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/170-eb45d53f