梅雨の晴れ間

2007/06/23

ようやく梅雨らしく雨が続くようになった。土曜日だがよく晴れているのでK川へ。入口の橋の側に流れ込む川筋を選ぶ。ここはしばらく入っていない。葉裏を調べながら進むとクモ生の虫草がいくつか見つかった。多くは未熟だ。コエダクモタケも一体みつかったがやや未熟なので採集せず。足場が悪いので写真も撮らなかった。コゴメクモタケが二体、うち一体は持ち帰る。他によくわからないクモ虫草を二体持ち帰った。あとはみんな未熟。いつもカイガラムシキイロツブタケが付くハイイイヌガヤの葉裏を調べると今年もやはり付いていた。子嚢果はできているがやや未熟な感じなので持ち帰らなかった。
kaikii70623a.jpg
Torrubiella sperficialis
Host:scale insect. Place:Nagaokakyo. 23 Jun. 2007


あまり奥まで行かず、早々に引き上げた。
持ち帰ったクモ虫草。未熟なツキダシハスノミクモタケのようにも見えるが季節はずれだ。
kumob70623.jpg
Cordyceps sp.
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 23 Jun. 2007


こちらはTorrubiellaだが、よくわからない。やや古くなっていてカビがきているようだ。検鏡してみたが中身はからっぽ。
kumo70623a.jpg
Torrubiella sp.
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 23 Jun. 2007


つぎはおなじみコゴメクモタケ。子嚢果が非常に小さく未熟のようだ。
kogo70623a.jpg

kogo70623b.jpg
Torrubiella minutissima
Host:spider. Place:Nagaokakyo. 23 Jun. 2007





  1. 2007/06/24(日) 23:23:07|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今年も大発生 | ホーム | 梅雨入り・アリタケの坪>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/168-97f52fc8