見落としていた場所

2007/05/17

新しい発生坪を見つけるにはまず地図を見てよさそうな地形に当りをつける。そして自転車なり電車なりで行ってみるのだが、大半ははずれだ。
そしてまた地図を見ながら候補地を探していたのだが、近くのK寺裏に一本の川が記されているのに気付いた。こんなところに川があっただろうか?記憶を辿っても全く憶えがない。その川に至る道は途中まで行ったことがあるのだが、ずっと竹林が続いているので奥まで行ったことがなかったのだ。
徒歩で行ける範囲なので早速行ってみることにした。途中までは延々と竹林が続くが突然雑木林になる。

hati70517.jpg
川に着いた途端にハチタケを見つけた。
かなり良さそうな場所だ。何本もの細流が流れ込んでいて、K川流域をぐっとコンパクトにしたような感じだ。う~ん、二十年も通っていながら、こんなに近くのこんな場所を見落としていたなんて・・ 杉や桧も多いがコナラ等の照葉樹も多く、なにより他ではすっかり減ってしまった赤松が結構多い。

oira70517b.jpg

oira70517a.jpg

oira70517c.jpg
倒木も多くて調べてみるとオイラセクチキムシタケが5、6本見つかった。

hiku70517.jpg
ヒメクチキタンポタケもかなり成熟したのがいくつも見つかった。今の時期にこれなら夏にはかなり期待できそうだ。

mayu70517.jpg
帰りにコガネムシハナヤスリタケの坪を調べたが、マユダマに侵されたものが一体見つかっただけだった。
  1. 2007/05/17(木) 21:54:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<J谷からM川へ | ホーム | 連休終わって>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/162-7b6f24aa