スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Nectria,Fuzarium,Aschersonia

2005/02/07
20050210161516s.jpg

麦角菌科ではないので普通虫草とは呼ばないが、これらもカイガラムシ等を寄主とする虫生菌である。アオキやツバキの葉裏で周年見かける。これはツバキ。
赤いのはNectria属と思われるが、この属で昆虫寄生菌はNectria flammeaが知られているに過ぎない。おそらくこれがそうだと思うが、この種の写真や図版が見当たらないので何ともいえない。
夏にはもっと鮮やかで瑞々しい感じ。不完全世代はFuzarium coccophilum

20050210161530s.jpg

これが二次胞子。すでに発芽しかかっている。

20050210161547s.jpg

夏に撮ったもの。フランスパンのような子嚢の中にクロワッサンのような胞子が詰まっている。

20050210161620s.jpg

ついでに分生子も。

20050210161641s.jpg

黄色いのはAschersonia属で、おそらくAschersonia aleyrodis。不完全世代の菌。完全世代はHypocrella属。これもアオキやツバキの葉裏でよく見かける。これはアオキ。寄主はやはりカイガラムシか?

20050210161653s.jpg

紡錘状の分生子。
nectria2s.jpg

Nectria sp. 夏はこんな色 2003年8月

nectria3s.jpg

Nectria sp. 秋はこんな感じ 2003年11月

fuzarium2s.jpg

Fuzarium sp. これも夏 2003年7月
  1. 2005/02/10(木) 16:24:31|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<蛾生不完全型虫草 | ホーム | カイガラムシ生不明種>>

コメント

もう売っぱらっちゃって手元にないんですが、講談社の菌類図鑑(上)に虫生 Nectria はあったと思います。二次的に生成されているわけでもないので二次胞子とは呼ばずに普通に子嚢胞子でいいみたいです。
マイナーな資料ばかり溜めてるんですが Aschersonia aleyrodis の Hypocrella 世代は澤田兼吉の原記載があるので、必要だったら言ってくださいまし。
  1. 2005/03/16(水) 07:26:41 |
  2. URL |
  3. H. Saito #dBYDmDSc
  4. [ 編集]

虫生 Nectria

H.Saitoさん、どうも。そうですか、こんど図書館で調べてみます。一応、もっとしっかりした形のものをアップしておきました。

>二次的に生成されているわけでもないので二次胞子とは呼ばずに普通に子嚢胞子でいいみたいです。

御指摘ありがとうございます。つい、いつもの習慣で・・

Aschersonia aleyrodis の Hypocrellaもなんですが、たしかTorrubiella burunnecolaの原記載、お持ちでしたね?この一つ前のカイガラムシ生不明種がそうではないかと疑っているのですが、よろしければ送っていただけませんか?
  1. 2005/03/16(水) 22:45:22 |
  2. URL |
  3. ignatius #ysthiAkw
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/16-42d4ece3