保存標本の検鏡2

2007/01/23

K川でまた林道工事が始まったようで、どうも行く気を削がれる。K寺のほうもあまり変化がありそうもない。かといって遠出するほどの時間もない。そこで古い標本をひっぱり出して検鏡してみることにした。

まずはキアシオオゼミタケ Cordyceps cicadaeから。

乾燥標本を濡れティッシュで数時間くるんで"戻す"。この個体は1993年7月に採集したもの。この年は冷夏で梅雨明けがなかったといわれた年だ。7月から8月中旬にかけて、5、6箇所の社寺で発生していた。総数は黄色型も含めて50体以上。それからも何度か見ているが、ここ数年は発生していない。

kiasi70123b.jpg
一応柔らかくはなったが形はなかなか元通りには戻らない。縦方向にはもともとあまり縮んでいなかったようだ。

006i2.jpg
これが採集時の状態。

kiasi70123c.jpg
カッターナイフで子嚢果をほじくり出してみる。

kiasi70123d.jpg
つぶしてみると子嚢は見えたがどうやら未熟のようで胞子がほとんどできていない。

kiasi70123e.jpg
かなり捜しまわってやっと胞子入りの子嚢を見つけることができた。二次胞子の大きさはだいたい図鑑のデータの範囲のようだ。

同時に黄色型も一体"戻し"ておいたのでこちらも検鏡した。同じく1993年の物だが虫食いがあってストローマの途中から半分に折れてしまっている。折れた先の方だけを"戻し"た。

kisiro70123a.jpg
子嚢果はかなりばらつきがあるが、個体差の範囲だろう。

kisiro70123b.jpg
こちらも子嚢はほとんど未熟だったが、胞子がはっきり見えるものがいくつかあった。

kisiro70123c.jpg
二次胞子の大きさはややばらつきがあるが、これもだいたい図鑑のデータの範囲のようだ。
  1. 2007/01/24(水) 00:35:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今年もタンポが | ホーム | T. tenuis>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/146-369a5885