クモ谷3

2006/09/29

hyouhon.jpg
個展がせまってきたのであまり山に行けない。当分はあまり更新できない状態が続くだろう。
23日は伊丹市立美術館で『虫草談義』と題して講演してきた。乾燥標本一式を持ち込み、パソコンの画像をスクリーンに映しての講演だったが、会場はほぼ満席で初めてにしてはうまくいったほうだろう。美術展関連企画なので、聴衆は美術関係が多くキノコ関係は意外に少なかった。

29日はK川へ。久しぶりにクモ谷を調べる。不作の年とはいえ、この時期になると小型のギベルラが目に付き始める。他に多いのはハガクレシロツブタケAkanthomyces novoguineensisだ。

kogome60929a.jpg
大きなものとしてはコゴメクモタケ。子嚢果が非常に小さくて見分けにくい。寄生蠅と思われる蛹が何体か食い込んでいる。持ち帰って検鏡したが古くなっているようで子嚢は確認できなかった。

kogome60929c.jpg
子嚢殻は特徴的なボーリングのピン型。

abuta60929.jpg
アブの卵塊に付いているものも見つかったが、いつもの薄紅型ではなく普通の淡黄褐色のコゴメクモタケだった。検鏡すると子嚢は確認できたが、胞子の大きさなどは確認できなかった。

kogome60929d.jpg
子嚢殻。

kogome60929e.jpg
子嚢。

kumo60929a.jpg
他にはよく見かける白い樹枝状のPaecilomyces菌、

kumo60929b.jpg
未熟なトルビエラ(採るつもりはなかったが、よく見ようとひっぱったら枝が折れてしまった。)、

kaitoru60929.jpg
カイガラムシ生のトルビエラ等が見つかった。

humei60929a.jpg

不明の寄主に付いた不明の不完全菌もみつかったが、検鏡したところ前回(9月15日)アブの卵塊に付いていたものと同じもののようだ。
  1. 2006/09/30(土) 09:43:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ハナサナギとコナサナギ | ホーム | アブ谷2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/138-5b08b030