アブ谷2

2006/09/15

9月15日の続き。アブ谷に行く途中の道で今年5体目のシャクトリムシハリセンボンを見つけた。

syaha60915.jpg
この時期なのに子嚢果が付いていない。成長が止まっているようだ。すでにフタイロスカシツブタケが感染しているのかもしれない。三脚が届かない高い位置だったので、手持ちでストロボ撮影した。そのまま残して継続観察することにした。

abuta60915a.jpg
アブ谷ではアブの卵生のトルビエラはもう終わってしまったらしく見られなかったが、卵塊に付いた不明の不完全菌を持ち帰った。

abuta60915b.jpg

abuta60915c.jpg
後に検鏡すると典型的なPaecilomyces菌のようだが、こんな形のフィアライドと分生子の組み合わせは見たことがない。ナガレアブの卵塊に付く3種目の不完全菌になる。

tutu60915a.jpg
奥の雑木林でツツナガクモタケ?を見つけた。特に珍しい種類ではないが、今年初めてだ。

tutu60915b.jpg
これも持ち帰って検鏡。子嚢胞子の一部が見えたが二次胞子は図鑑のデータよりわずかに大きい。

ga60915c.jpg
前にみつけていたガヤドリタケも持ち帰った。
シンネマの形からAkanthomyces aculeatusかと思ったが、分生子の形が細めの紡錘形で前に見たものと違う。分生子の形だけから見るとAkanthomyces pistillariaeformisのようだが、シンネマの形に疑問が残る。

ga60915a.jpg
フィアライド

ga60915b.jpg
分生子
  1. 2006/09/18(月) 09:49:09|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<クモ谷3 | ホーム | アリノミジンツブタケ3>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/137-54c975b7