東山

2006/06/12

10日から御池通りの画廊でグループ展が始まっている。Hさんと画廊で待ち合わせて東山に行った。Hさんは最近きのこ写真に熱心なので、近くできのこがでそうな所を案内することになったのだ。N寺裏の山林に入ってみたが、しばらく雨が降っていないので地面が乾き気味できのこはほとんど出ていない。
東山はめったに来ることはないのだが、虫草の種類は西山とあまり変わらないと聞いている。今の時期ならヒメクチキタンポタケが出ているはずだ。過去に何度か来た時にも、東山のどこから入ってもこの種だけは必ず見つかったものだ。山道に入って倒木がある度に調べてみるがなかなかみつからない。

himekuti60612b.jpg
松とおぼしき少し大きな倒木群があったので詳しく調べてみるとやっと一体みつかった。1cmぐらいの黄褐色のタンポ状のストローマが5本出ている。

himekuti60612c.jpg
別角度。
二人で交互に撮影してから掘り出す。

himekuti60612a.jpg
近くでもう2体みつかった。
この種は京都市周辺では普通種だが、他ではあまり聞かない。大きさも虫草としては小さくないし、見つけやすさといい掘り出しやすさといい、虫草初心者向きといえる。京都東山にはきのこ愛好家が多いようで、いくつもの団体があったり観察会もたくさん行われているようだ。ネット上でもいくつかのサイトでみつかったきのこの報告等がなされているのだが、より少ないオオセミタケがよく載っているのにこのヒメクチキタンポタケは全くといっていいほど載っていない。虫草としてはかなり大型のオオセミタケが普通のきのこ目で探しても引っ掛かるのに対し、普通種とはいえ地上部1cmぐらいのこの種は冬虫夏草目で探さないと見つからないのかもしれない。
それ以上さがしても多くの種類がみつかりそうもなかったので、それだけで引き上げることにした。
持ち帰ったヒメクチキタンポタケはやや未熟だったようなのでしばらく追培することにした。

himekuti60612d.jpg
ヒメクチキタンポタケCordyceps annullata

himekuti60612e.jpg
頭部
  1. 2006/06/13(火) 14:34:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<ようやく結実 | ホーム | 梅雨入り?>>

コメント

京都と関東地方との違い

 イグナティウス さま:

 ご無沙汰しております.

 私も,ヒメクチキタンポタケは京都でしか採集したことがありません.
 関東地方南部(千葉・埼玉・神奈川・東京)ではごく普通に採集できるコガネムシタンポタケ(サナギタケよりもポピュラーなような気がする)は,逆に関西ではあまり見つからないと聞いたことがあります.

 オサムシタンポタケも,関東ではずいぶん採集例があるようですし,地域ごとの種内分化があるのではないかと疑いたくなったりしますね.
  1. 2006/06/13(火) 16:36:01 |
  2. URL |
  3. イグチ 潔 #YSMFrnbw
  4. [ 編集]

Re:京都と関東地方

イグチさん、書き込みありがとうございます。たしかにヒメクチキタンポタケは関西、特に京都市周辺が非常に多いようですね。コガネムシタンポタケ、オサムシタケは地元ではみたことがありません。京都盆地の内外で分布圏が分かれているのではないかとさえ思えます。香川県とはみつかる種類がかなり共通しているので、淀川水系を経て大阪平野、讃岐平野に繋がる分布圏があるのかもしれません。
ヒメクチキタンポタケは胞子にニ型あり、頭部の形にも変化が多いようです。
オサムシタンポタケは東京の広尾山荘さんhttp://10.hobby-web.net/~yamaasobi/のところでは毎年出るようで、何度か送っていただきました。
  1. 2006/06/14(水) 10:50:55 |
  2. URL |
  3. ignatius #ysthiAkw
  4. [ 編集]

宿主特異性だけなのか・・・

  イグナティウス さま:

 小林義雄博士といい清水大典氏といい,冬虫夏草の,国内における種ごとの分布域にはあまり頓着していなかったようですね.

 ヒメクチキタンポタケについては,信州(伊那谷)でも見出されているようです(http://ikkaku2.exblog.jp/2220191/を参照してくださいませ).
 中部地方以西が分布の中心なのでしょうか?ホストのキマワリは,北海道から九州まで広く分布しているらしいですが.

 関東南部(東京・神奈川・千葉・埼玉)に,何種類ぐらいのオサムシが自然分布しているのか、私は寡聞にして詳しく知りませんが,私が調査している範囲では,オサムシタケにせよオサムシタンポタケにせよ,ほとんどすべてがアオオサムシから発生しているようです.
 都内吉祥寺から採集記録があるセアカオサムシ・関東地方西部から静岡にかけて分布するシズオカオサムシ・武蔵村山市や八王子市から採集されているクロカタビロオサムシ・狭山丘陵で見出されているヒメマイマイカブリやエサキオサムシおよびクロオサムシ,あるいは奥多摩に産するといわれるチチブホソクロナガオサムシなどにも発生するものなのかどうか,興味はおおいにあるのですが,なかなか調査に出かけられないでおります.

 ここ15年ほど継続してきた,オサムシタケに関する調査(ホストの世代別発生頻度と,ホストの残存率および分生子型子実体の再生率について)も,そろそろ一応のまとめをしておこうかと考えています.
 また,いろいろとご相談申し上げることもあろうかと思いますが,どうぞよろしくお願い致します.
  1. 2006/06/14(水) 16:49:09 |
  2. URL |
  3. イグチ 潔 #YSMFrnbw
  4. [ 編集]

オサムシタケ

イグチさん、御教示のサイトは以前から注目していました。ヒメクチキタンポタケ、こちらのものとは少し感じが違うようですが、地域差かどうかはわかりません。香川県のものはこちらと同じようです。八丈島でも出るそうです。
オサムシタケのホストは滋賀県ではマヤサンオサムシ、奈良県ではヤコンオサムシと聞いています。アオオサムシ属が主のようです。
オサムシタンポタケ、私が送ってもらたものは横浜市産のようです。また7月の東京のグループ展の時にでも、どこかで探してみるつもりです。
  1. 2006/06/16(金) 08:03:50 |
  2. URL |
  3. ignatius #ysthiAkw
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/117-80c12893