ハリセンボンその後

2006/05/29

今年は随分虫草の出方が遅いようで、例年ならとっくに出ているはずのハナアブラゼミタケコガネムシハナヤスリタケもまだ見ていない。今日は昼頃からK川に出かけた。まず毎年クモ生虫草がたくさん付いている草むらを調べてみたが一つも付いていなかった。クモはたくさんいるのだがみんな元気に動き回っている。もうしばらく待たねばならないようだ。
次に5月20日に見つけたシャクトリムシハリセンボンを確認しに行った。

syaha60529.jpg
かなりの大型だと思っていたのだが、すっかり縮んでしまっている。枝を基準にして前回の画像と比べてほしい。7~6割りぐらいの大きさになっているのがわかるだろう。前回はほんとに死んだ直後だったようだ。結局標準サイズになってしまった。完熟するのは一ヶ月くらい先だと思われるが、今回は途中で消えませんように。
そのまま進んで去年から継続観察しているガヤドリナガミツブタケを見に行った。

ga60529.jpg
一見変わりないように見えるがよく見ると新しい子嚢果ができはじめている。
他によく見かけるのがサナギタケハナサナギタケ。前回見つけたサナギタケがちょっと気になったので掘ってみたが、やはり普通のサナギタケだった。

hanasa60524a.jpg

hanasa60524b.jpg
ハナサナギタケは先週(5月24日)にも見つけていたのだが、それだけでは日誌に書く程でもないと思ってアップしなかった。今回画像が少ないのでおまけとして載せておく。

ari60524.jpg
ついでにマルミノアリタケ
  1. 2006/05/30(火) 11:47:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<滋賀遠征 | ホーム | 雨上がり>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/114-16900f87