ヌメリタンポタケとタンポタケ2

2006/03/31

追培していたヌメリタンポタケタンポタケが完熟したようで、胞子を吐き出している。ハナヤスリタケも一緒に検鏡してみた。一旦水洗して水気をとってからスライドガラスの上に頭部を置いておくと、数分でうっすらと胞子が積もる。
それぞれの子嚢胞子と二次胞子を同縮尺で比べてみた。

子嚢胞子

nume60331b.jpg
ヌメリタンポタケCordyceps canadensis11個の二次胞子に分かれる。両端2個づつは小さい。

tan60331b.jpg
タンポタケCordyceps capitata16個の二次胞子に分かれる。

hanaya60331b.jpg
ハナヤスリタケCordyceps ophioglossoides128個の二次胞子に分かれる。

二次胞子

nume60331a.jpg
ヌメリタンポタケCordyceps canadensis

tan60331a.jpg
タンポタケCordyceps capitata

hanaya60331a.jpg
ハナヤスリタケCordyceps ophioglossoides

検鏡すればヌメリタンポタケとタンポタケの違いは一目瞭然なのだが、外観だけでは見分けにくい。きのこ図鑑などを見ても、これは間違えているのではないかと思われる写真を見かけることがある。
かなり個体差が大きい種類でもある。

tan60331d.jpg
一応頭部のぬめりで判るとされるが、両種を並べてみるならともかく、単独では判りにくいことがある。

tan60331c.jpg
カッターナイフで縦割りにしてみるとヌメリタンポタケのほうは黄色がかっているのに対し、タンポタケのほうは断面が真っ白だ。
  1. 2006/03/31(金) 23:05:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<コナジラミ | ホーム | ハダニ生?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ignatius.blog3.fc2.com/tb.php/107-63ecf1a0