FC2ブログ

葉裏の微小虫草2

2018/11/21

K川へ。前回とは別の谷に降りて探索。8月28日に来て、やや成果があった場所だ。未熟なものも多かったので気になっていたが、台風のせいで入れなくてそのままになっていたのだ。さっそく川に入って葉裏を調べる。やはりクモ生が多い。
まずヘヴァンシア・ノヴォギネエンシスが5体。かなり萎びている。
“h_n181121a.jpg"

“h_n181121b.jpg"

“h_n181121c.jpg"

“h_n181121d.jpg"
Hevansia novoguineensis
Host:Spider Place: Nagaokakyo. 21 Nov. 2018.


次にクモノエツキツブタケの残骸らしきものがいくつか。
“g_g181121a.jpg"

“g_g181121b.jpg"

“g_g181121c.jpg"
Gibellula globosostipitata
Host:Spider Place: Nagaokakyo. 21 Nov. 2018.


ギベルラ・レイオパスが2体。
“g_l181121a.jpg"

“g_l181121b.jpg"
Gibellula leiopus
Host: Spider Place: Nagaokakyo. 21 Nov. 2018.


よくわからないクモ生が一体。
“kumo181121a.jpg"
Host: Spider Place: Nagaokakyo. 21 Nov. 2018.

台風で倒れかけた椿の木の葉裏を調べると、何種類かの微小虫草が見つかった。まずハダニベニイロツブタケ、他にコノイデオクレラ・テヌイスも少し付いている。未熟と思われる淡褐色のものもあったが、子嚢殻ができはじめているようだ。
“cono181121a.jpg"

“cono181121b.jpg"
Conoideocrella luteorostrata
Host: Scale insect Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


同じ木にAscersoniaの仲間も付いていた。おなじみのツバキコナジラミを宿主とする黄色いやつだ。以前はAschersonia goldianaとされていたが、この同定は間違いで、おそらくAschersonia oxystomaと思われる。
“asc181121b.jpg"

“asc181121a.jpg"
Aschersonia sp.
Host: White fly Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


同じ木の枝にはアスケルソニア・カワカミイが付いていた。
“kawakami181121.jpg"
Aschersonia kawakamii
Host: Spider Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.
  1. 2018/12/27(木) 08:29:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0