FC2ブログ

葉裏の微小虫草2

2018/11/21

K川へ。前回とは別の谷に降りて探索。8月28日に来て、やや成果があった場所だ。未熟なものも多かったので気になっていたが、台風のせいで入れなくてそのままになっていたのだ。さっそく川に入って葉裏を調べる。やはりクモ生が多い。
まずヘヴァンシア・ノヴォギネエンシスが5体。かなり萎びている。
“h_n181121a.jpg"

“h_n181121b.jpg"

“h_n181121c.jpg"

“h_n181121d.jpg"
Hevansia novoguineensis
Host:Spider Place: Nagaokakyo. 21 Nov. 2018.


次にクモノエツキツブタケの残骸らしきものがいくつか。
“g_g181121a.jpg"

“g_g181121b.jpg"

“g_g181121c.jpg"
Gibellula globosostipitata
Host:Spider Place: Nagaokakyo. 21 Nov. 2018.


ギベルラ・レイオパスが2体。
“g_l181121a.jpg"

“g_l181121b.jpg"
Gibellula leiopus
Host: Spider Place: Nagaokakyo. 21 Nov. 2018.


よくわからないクモ生が一体。
“kumo181121a.jpg"
Host: Spider Place: Nagaokakyo. 21 Nov. 2018.

台風で倒れかけた椿の木の葉裏を調べると、何種類かの微小虫草が見つかった。まずハダニベニイロツブタケ、他にコノイデオクレラ・テヌイスも少し付いている。未熟と思われる淡褐色のものもあったが、子嚢殻ができはじめているようだ。
“cono181121a.jpg"

“cono181121b.jpg"
Conoideocrella luteorostrata
Host: Scale insect Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


同じ木にAscersoniaの仲間も付いていた。おなじみのツバキコナジラミを宿主とする黄色いやつだ。以前はAschersonia goldianaとされていたが、この同定は間違いで、おそらくAschersonia oxystomaと思われる。
“asc181121b.jpg"

“asc181121a.jpg"
Aschersonia sp.
Host: White fly Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


同じ木の枝にはアスケルソニア・カワカミイが付いていた。
“kawakami181121.jpg"
Aschersonia kawakamii
Host: Spider Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.
スポンサーサイト



  1. 2018/12/27(木) 08:29:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

葉裏の微小虫草1

2018/11/07

久しぶりにK川へ。まだ大部分が通行止めだが、入れる谷に降りてみた。川に入って葉裏を調べる。大きなものはなかったが、微小虫草が健在だった。
まずハガクレシロツブタケがいくつか。
“haga181107a.jpg"
Torrubiella sp.
Host: Pupa of Diptera Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


同じ宿主から出たアナモルフ菌。コナサナギタケのようにも見えるが、分生子の形がやや紡錘形なのが気になる。
“haga181107b.jpg"

“abukona.jpg"
Isaria sp.
Host: Pupa of Diptera Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


アオキの葉裏のナガレアブの卵塊から出たアナモルフ菌。シロコナツブクモタケのようだ。
“humei181107.jpg"

“sirokona181107.jpg"
Isaria like anamorph
Host: Egg mass of Diptera Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


同じくナガレアブの卵塊から出ているように見えるが、同じ葉にカイガラムシの仲間が付いているので、そちらが真の宿主だろう。コノイデオクレラ・テヌイスと思われる。
“cono181107.jpg"
Conoideocrella tenuis
Host: Scale insect? Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


他に微小なギベルラ・レイオパスが一体。
“kumo181107.jpg"
Gibellula leiopus
Host: Spider Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.


あとはカイガラムシノショウコウビョウキンと思われる赤い昆虫寄生菌。
“N_sp181107.jpg"
Microcera diploa
Host: Scale insect Place: Nagaokakyo. 07 Nov. 2018.

  1. 2018/12/26(水) 16:33:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2018年10月まとめ

2018/10/05、12、27

10月5日はK川に行くが林道は台風のせいでほとんど侵入禁止になっている。わずかに入れる道を進むが倒木が多くて大変だ。結局虫区は最近感染したと思われる未熟なガヤドリタケの仲間が一体のみ。
“ga181005.jpg"
Akanthomyces tuberculatus group
Host: Adult of moth. Place: Nagaokakyo. 05 Oct. 2018.


12日は画廊めぐりを兼ねて京都市内に行き、東山を見てきた。一ヶ月経って道は何とか通れるように片付けてあるがやはり倒木が多い。何度となく倒木を跨いだり、くぐったり、避けて大回りしたりして、やっと坪に着いた。しかし虫草の坪だった辺りは大量の倒木で覆われて、何が何だかわからなくなっている。
“higasiyama1.jpg"

“higasiyama3.jpg"

“higasiyama4.jpg"
Place: Kyoto. 12 Oct. 2018.

それでも幾つかの倒木で朽木生の虫草が見つかった。冬ごもり前のヒメクチキタンポタケと、マユダマタケと、シロサンゴタケのみ。もっとあったのかもしれないが、到達できなかった。
“himetiti181012.jpg"
Ophiocordyceps annullata

“sirosan181012.jpg"

“mayu181012.jpg"
Polycephalomyces sp.
Host: larva of Coleoptera. Place: Kyoto. 12 Oct. 2018.


27日は京都府立植物園のきのこ展に行ったが、そこで出会った知り合い5、6人でミヤマタンポタケの坪に行った。思いがけずウメムラセミタケも出て、なかなか充実した観察会だった。ミヤマタンポタケはかなり広範囲に出ていてそれぞれ幾つかは見つけていたようだ。中に黒っぽいものがあって別種かと思われたが、よくみると老成したミヤマタンポタケだった。私はいつも未熟な頃に探しに行くので、老成したものはあまり見ていないのだ。
“miyatan181027a.jpg"

“miyatan181027b.jpg"
Tolypocladium intermedium f. michinokuense
Host: Elaphomyces sp. Place: Kyoto. 12 Oct. 2018.

  1. 2018/12/22(土) 00:03:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0