FC2ブログ

豪雨と猛暑

2018/07/10、26、08/03、06

7月のはじめに西日本豪雨があり、京都府南部でもかなりの被害があった。
少したった7月10日にジムシヤドリタケの坪を見に行ったが、川の水量はまだ多かったもののそれほどひどい影響はなかったようだ。前回いくつか見つけておいた未熟な虫草もなくなってはいなかった。ただいずれも未熟なままだった。
新しく見つかったものとしてはこれだけだ。
“A_a180710.jpg"
Akanthomyces aranearum
Host: Spider. Place: Kyoto. 10 Jul. 2018.


ジムシヤドリタケはとっくに完熟を過ぎて、萎びているものが多かった。
コメツキヤドリシロツブタケの重複寄生を受けたものを二本掘ってみたが、一本はギロチン。これらは持ち帰った。
“komesiro180710b.jpg"

“komesiro180710c.jpg"

“komesiro180710a.jpg"
Torrubiella sp.
Host: larva of Coleoptera. Place: Kyoto. 10 Jul. 2018.


子嚢
“komesirosinou.jpg"
asci of Torrubiella sp.

ジムシヤドリタケの坪から少し離れた場所でジムシヤドリより少し大型の一部が欠けた幼虫から出た黒い虫草を見つけた。コガネムシハナヤスリタケと思われるが、これもコメツキヤドリシロツブタケの重複寄生を受けていた。
“kogahana180710.jpg"
Ophiocordyceps nigrella
Host:larva of Coleoptera. Place: Kyoto. 10 Jul. 2018.


K川のほうは豪雨の影響がかなりあったようでしばらく通行止めになっていた。その後7月中38℃以上の猛暑日が続き、8月になっても収まらなかった。通行止めが解けてから何度か川に入って調べてみたが、例年たくさん見つかるクモ生虫草が全然みつからない。いくつもの谷を調べても全部で4、5体ぐらいだ。やはり豪雨が関係しているのだろうか?
7月26日はギベルラが1体だけ。プルクラだろうか?
“gibe180726.jpg"
Gibellula pulchra?
Host:Spider Place: Nagaokakyo. 26 Jul. 2018.


8月3日と6日で小型のクモ生種が3体。うち2体はやや萌黄色がかったおなじみの不明種。
kumo180803.jpg

“kumo180806.jpg"

Host: Spider Place: Nagaokakyo. 3, 6 Aug. 2018.


6日に見つかったもう1体はヘヴァンシア・ノヴォギネエンシス
“H_n180806.jpg"
Hevansia novoguineensis
Host: Spider Place: Nagaokakyo. 6 Aug. 2018.
  1. 2018/08/08(水) 16:51:59|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0