FC2ブログ

菌生探索

2018/03/20、23、26、30

知っている菌生虫草の坪でまだ確認していないところがいくつか残っているので、順に調べてみることにした。
まず20日は以前から知っている京都市の坪。ここ数年はあまり見つかっていない。おぼろげな記憶を頼りに昔出ていた辺りを調べていくと、数カ所でヌメリタンポタケの小群生がみつかった。全部合わせても10本足らず。しかし相変わらず発生が続いていることが確認できた。
“nume180320a.jpg"

“nume180320b.jpg"
Tolypocladium longisegmentum
Host: Elaphomyces Place:Kyoto. 20 Mar. 2018.


菌生を探す過程でオイラセクチキムシタケが3体みつかった。1体は完熟していたが、残り2体は未熟、ようやく小さな子嚢殻ができはじたばかりだった。長岡京市に比べて随分遅いように思う。
oira180320a.jpg

oira180320b.jpg
Ophiocordyceps rubiginosiperitheciata
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 20 Mar. 2018.


23日はバスで京都市内2箇所を回った。目的はオオセミタケとシャグマアミガサタケだったが、どちらも出ておらず菌生虫草もみつからなかった。
見つかったのは未熟なヒメクチキタンポタケが2体、うち1体は宿主が完全に露出していた。
himekuti180323a.jpg

himekuti180323b.jpg
Ophiocordyceps annullata
Host:larva of Coleoptera. Place:Kyoto. 23 Mar. 2018.


もう1箇所ではタイワンアリタケの他には極めて小さいハスノミクモタケが1体みつかっただけだった。
“hasunomi180323.jpg"
Hevansia nelumboides
Host: Spider Place:Kyoto. 23 Mar. 2018.


26日はK川、昨年見つけたハナヤスリタケの坪を見に行った。まだ小さく、数も10体ぐらいしか出ていなかったが一応坪の健在が確認できた。
“hanaya180326a.jpg"

“hanaya180326b.jpg"
Tolypocladium ophioglossoides
Host: Elaphomyces Place:Nagaokakyo. 26 Mar. 2018.


その後12日に調べた辺りを改めて調べた。前回は昨年タンポタケが群生していた場所が思い出せなかったが、今回は確認できた。数は昨年より少なく、7、8本というところだったが、こちらも坪の健在が確認できた。ヌメリタンポタケもしなびたものが1本みつかった。
“tan180326a.jpg"

“tan180326b.jpg"
Tolypocladium capitatum
Host: Elaphomyces Place:Nagaokakyo. 26 Mar. 2018.


30日は京都市内で花見を兼ねて展覧会巡り。ついでにオオセミタケの坪を見に行った。かなり大きくなってきたが、まだ胞子は出していない。例年より遅いようだ。7体ほど見つかったが大半は新しく出てきたもので、前回みつけていたものは無くなっているものが多かった。
“oosemi180330b.jpg"

“oosemi180330c.jpg"

“oosemi180330a.jpg"
Ophiocordyceps heteropoda
Host: Nymph of cicada Place:Kyoto. 30 Mar. 2018.

  1. 2018/03/31(土) 10:40:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0