大型ハヤカワセミタケ

2017/07/19

またまたK川へ。雨が順調に降っているので、地面がいい具合に湿っている。
まず前回みつけておいたハリタケ形の不明種を調べた。ルーペで視るとわずかながら子嚢殻らしきものができている。
hari170719a.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:Larva of Lepidoptera? Place:Nagaokakyo. 19 Jul. 2017.


続いてハヤカワセミタケの坪へ。前回既に過熟気味だったが、すっかり胞子を出し尽くして倒れてしまっている。
haya170719e.jpg
Metarhizium owariense
Host:N ymph of cicada Place:Nagaokakyo. 19 Jul. 2017.


川岸の平らになった場所を調べていくつか発見があった。まずハチタケが一体。これは土の中に浅く埋まっていた。
hati170719a.jpg
Anamorph of Ophiocordyceps sphecocephala
Host:Wasp Place: Place:Nagaokakyo. 19 Jul. 2017.


さらにホソエノコベニムシタケを1体。これはハトジムシから出ている。ホソエは別の場所でも一体みつけた。前回と合わせて3体だけで、今年は非常に少ない。
“hosoe170719a.jpg"
Cordyceps cardinalis
Host: Larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 19 Jul. 2017.


そしてこの日最大の収穫。苔の間から黄褐色のものが鹿の角のように林立している。ハヤカワセミタケだが、これほど立派なものは久しぶりだ。いつもなら掘らないのだが、今回は掘ってみる気になった。宿主は思ったより浅く、比較的簡単に掘り出せた。近くの川で洗って、泥を落としてから元の位置のはめ込んで撮影。宿主はやはり大きい。普通ハヤカワの宿主はニイニイゼミだが、これはおそらくミンミンゼミだろう。
これは持ち帰った。やや未熟なので少し追培養してから固定するつもりだ。
haya170719d.jpg

haya170719c.jpg

haya170719a.jpg

haya170719b.jpg
Metarhizium owariense
Host:N ymph of cicada Place:Nagaokakyo. 19 Jul. 2017.


その他クモ生をいくつか見つけたが、まだ時期が早いのか、数が少ない。
未熟なコエダクモタケが一体。
koeda170719.jpg
Torrubiella leiopus
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 19 Jul. 2017.


ギベルラが一体。これはギベルラ・プルクラではなくクモノエツキツブタケのアナモルフだろう。近くで未熟なクモノエツキも一体みつかった。
gibe170719.jpg
Gibellula sp.
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 19 Jul. 2017.

  1. 2017/07/20(木) 10:31:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0