シーズン突入?

2017/06/28

K川へ。20日に行った時には何も見つからなかったが、この時期には一週間で大きく変化する。まず本流に降りてクモ生種が出ていないかどうかを調べる。さっそく未熟なものが一体。あとは小さなギベルラ・レイオパスが数体。
kumo170628.jpg

gibe170628.jpg
Gibellula leiopus
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 28 Jun. 2017.


葉裏のついでに両岸の地面も調べる。すると何やら汚らしい塊が。よく見るとやや古くなったクサナギヒメタンポタケだ。周りを調べるとさらに3体。
5月に見つけた場所とそれほど離れていないが、別の谷筋なので新しい坪と言える。
kusa170628c.jpg

kusa170628b.jpg

kusa170628a.jpg
Metarhizium kusanagiense
Host:Cocoon of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 28 Jun. 2017.


その後ダム湖上流の谷を遡って、いつもの坪へ。さっそく未熟なハヤカワセミタケが1体みつかった。これに気を良くして周りを調べると、さらにもう1体。
haya170628a.jpg

haya170628b.jpg
Metarhizium owariense
Host:N ymph of cicada Place:Nagaokakyo. 28 Jun. 2017.


他に見つかったのはヒメクチキタンポタケが2体。この種は京都では普通種だが、今年はあまり見かけない。
“himekuti170628a.jpg"

“himekuti170628b.jpg"
Ophiocordyceps annullata
Host:Larva of Coleoptera Place:Nagaokakyo. 28 Jun. 2017.


そして帰り際に見つかったのがシャクトリムシハリセンボンが1体、やや未熟だ。
“shaku170628a.jpg"
Ophiocordyceps sp.
Host: Larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 28 Jun. 2017.

  1. 2017/07/09(日) 20:54:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ