スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2017年1月まとめ

2017/01/11、13、23

正月休みも終わってようやく落ち着いたので何度か出かけてみたが、やはりこの季節は収穫が少ない。
11日はK寺裏の山林を調べたが、菌生種はまだ顔を出しておらず、昨秋に見つけておいたオイラセクチキムシタケの結実を確認するだけに留まった。
oira170111a.jpg

oira170111b.jpg

oira170111c.jpg
Ophiocordyceps rubiginosiperitheciata
Host:larva of Coleoptera. Place:Nagaokakyo. 11 Jan. 2017.


13日は京都市内に出たついでにオオセミタケの坪を調べた。さすがにまだ早すぎるかとも思ったが、一本だけ顔を出していた。
この一本以外には見つからなかったので、本当に出始めたばかりなのだろう。
oosemi170113b.jpg

oosemi170113a.jpg
Ophiocordyceps heteropoda
Host:Nymph of cicada Place:Kyoto. 13 Jan. 2017.


23日は自転車で遠征して、西京区の谷を調べた。一週間前の雪がまだ残っており、その日も雪がちらつく寒い日だったが、虫草探しに支障がある程ではなかった。
道沿いの低木の小枝に何か付いていたのでルーペを出して見てみると、子嚢殻らしきものが見えた。持ち帰って調べてみると、どうやらお馴染みの重複寄生菌らしい。シャクトリムシハリセンボンなどによく付いているやつだ。しかし宿主がよくわからない。
はじめはハゴロモか何かだと思ったが、眼や口のようなものが見えない。いろいろ考えたあげく、どうやらシャクトリムシハリセンボンの胴体の大部分が失われて、脚の部分だけが残ったものという結論に達した。
つまりフタイロスカシツブタケということだ。
fumei170123b.jpg

fumei170123c.jpg
Torrubiella sp.
Host:larva of Lepidoptera Place:Kyoto. 23 Jan. 2017.


タイワンアリタケは以前に比べて随分少なくなっていた。道沿いの幼木の葉裏をざっと調べただけだが、十数体しか見つからなかった。
ただ、結実しているものの割合は夏と変わらなかった。
ari170123a.jpg

ari170123b.jpg

ari170123c.jpg
Ophiocordyceps unilateralis
Host:Ant Place:Kyoto. 23 Jan. 2017.


クモ生ではギベルラ・プルクラが一体だけ見つかった。
gibe170123a.jpg
Gibellula pulchra
Host:Spider Place:Kyoto. 23 Jan. 2017.

スポンサーサイト
  1. 2017/02/01(水) 11:35:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0