スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

谷巡り3

2016/8/15

梅雨が明けてから雨が全然降らず地面は乾ききっている。地上には虫草はおろか普通のキノコさえ全く姿が見えない。地上がだめなら川の中ということで、このところ谷を巡りながらクモ生虫草の探索を続けているのだが、今回はK川本流を調べることにした。
前夜に久しぶりの雨が降ったがあまり足しにはならなかったようで、地面は相変わらず乾ききっている。
本流だけあって他の谷よりは広く明るいのであまり期待してはいなかったが、始めてすぐに一体みつかった。おなじみのクモノエツキツブタケだ。
etuki160815.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2016.


さらに2体続けてコエダクモタケが見つかった。やや古くなっているようだ。
“koeda160815a.jpg"

“koeda160815b.jpg"
Torrubiella leiopus
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2016.


その後アカンソミセス・アラネアルムコゴメクモタケも見つかった。小型のギベルラも多く、意外な好成績だ。
“A_a160815.jpg"
Akanthomyces aranearum
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2016.


“kogome160815.jpg"
Torrubiella plana
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2016.


最初の砂防ダムに突き当たったので川から出て斜面を登る。ここから上流は当初の予想どおり広く明るくなったので、やはりクモ生は見つからなくなった。さっさと切り上げてダム湖上流のお馴染みの坪へ。
シャクトリムシハリセンボンがどうなったか確認する。予想どおり重複寄生菌が感染しているらしく、白いツブツブのようなものが見える。
syaku160815.jpg
Ophiocordyceps sp.
Host:larva of Lepidoptera Place:Nagaokakyo. 15 Aug. 2016.

スポンサーサイト
  1. 2016/08/17(水) 09:52:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

谷巡り2

2016/8/12


アブ谷、ハガクレ谷に続いて12日はクモ谷を調べた。この谷は最初に調べた年にたまたま百体以上ものクモ生虫草が見つかったのでこの名を付けたのだが、最近では成績が悪い。
川沿いに道が付いていないので川の中を通るしかないのだが、途中にいくつも深い淀みがあり、長靴を履いても覚束ない。そこでやはりズボンを脱いで短パンで水に漬かっての探索となる。
先ず見つかったのはここでもクモノエツキツブタケだ。完熟や過熟のものが多い。なかなか綺麗なものが見つかったので一体持ち帰る。
etuki160812.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 12 Aug. 2016.


以前はよく出ていた黄色の不明種もみつかった。
kikumo160812.jpg
Torrubiella sp.
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 12 Aug. 2016.


全身が白い菌糸で覆われたクモはおそらくコゴメクモタケだろうが、未熟なので子嚢殻がはっきり見えない。これも持ち帰って追培養することにした。尚、これは数日で微細な子嚢殻ができはじめた。やはりコゴメだ。
kogome160812.jpg

kogome160814.jpg
Torrubiella plana
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 12 Aug. 2016.


小さなギベルラはここでもたくさん見つかったが、G.leiopusではなくG.dimorpha が多かった。

クモ以外では。未熟なガヤドリナガミツブタケが見つかった。
“ga160812.jpg"
Cordyceps tuberculata
Host:Moth Place:Nagaokakyo. 12 Aug. 2016.


またコノイデオクレラ・テヌイスやハガクレシロツブタケも多数みつかった。
cono160812.jpg
Conoideocrella tenuis
Host:scale insect Place:Nagaokakyo. 12 Aug. 2016.


  1. 2016/08/16(火) 17:52:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

谷巡り

2016/8/8、10

8日は同じくアブ谷だが前回よりも下流の部分を調べた。最初に何かの菌に感染した小さなガが見つかった。おそらくガヤドリの初期のものだろう。
“ga160808.jpg"
Akanthomyces pistillariiformis
Host:Moth Place:Nagaokakyo. 08 Aug. 2016.


その後クモ生種が次々に見つかった。そのほとんどがクモノエツキツブタケだった。完熟したものや過熟のものが多い。
etuki160808a.jpg

etuki160808b.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 08 Aug. 2016.


10日はハガクレ谷を調べた。ここは川沿いに道がついているので、川に漬からず長靴を履いて調べた。ここは極小のギベルラ・レイオパスハガクレシロツブタケが非常に多い。適当に手近な枝を手に取って葉裏を見るだけでいくつか付いている。ハガクレの多くは未熟だ。
haga160810a.jpg

haga160810b.jpg

“gibe160810a.jpg"
Gibellula leiopus and Torrubiella sp.
Host:Spider and pupa of Diptera Place:Nagaokakyo. 08 Aug. 2016.


ここでもやはりクモノエツキツブタケがいくつか見つかったが、アブ谷ほどではなく4、5体ほどだ。
etuki160810.jpg
Torrubiella globoso-stipitata
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 08 Aug. 2016.


他にはギベルラ・プルクラやその他のギベルラ、
gibe160810b.jpg

gibe160810c.jpg

gibe160810d.jpg
Gibellula pulchra
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 10 Aug. 2016.


また重複寄生菌と思われる不明種に感染したクモが多数みつかった。
kumo160810a.jpg
Host:Spider Place:Nagaokakyo. 10 Aug. 2016.

クモとハガクレ以外ではカイガラムシキイロツブタケが見つかった。
kaiki160810.jpg
Torrubiella sperficialis
Host:scale insect Place:Nagaokakyo. 10 Aug. 2016.
  1. 2016/08/13(土) 15:26:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ